【日本″未解決事件″犯罪ファイル13】15歳ハーフ美少女が夏祭りの夜に失踪 3日後、見知らぬ町で変わり果てた姿に......

写真拡大

何かが狂ってしまった現代社会。毎日のようにニュースに流れる凶悪事件は尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく......。数多くある事件のなかでも、未だ犯人・被疑者の捕まっていない"未解決事件"を追う犯罪糾弾コラム。 

【第13回】
五霞町川妻地内における女子高校生被害殺人・死体遺棄事件
(2003年7月)

 2003年7月9日午前9時45分頃、茨城県の西南端に位置する五霞町(ごかまち)で女性の遺体が発見された。まだ少女のあどけなさが残る亡骸は、道路脇の窮屈な用水路の中で、まるで赤ん坊のように背を丸め、誰かに見つけてもらうのを待っていた。靴を履いておらず、靴下の裏が汚れていないことから、事故でも自殺でもなく、それが"他殺"であることは明白だった。

 テレビで事件が報道され、ニュースを観た家族から警察に連絡があり、ようやく遺体の身元が判明する。東京都足立区に住む、都立高校通信制1年生の佐藤麻衣さん(当時15歳)。3日前の晩から連絡が取れなくなり、家族は不安な日々を過ごしていた。警察に問い合わせたとき、遺体が別人であることをどれだけ強く願ったことか、察するに余りある。しかし、その願いも虚しく、家族は変わり果てた麻衣さんの姿を確認する。

 司法解剖の結果、死因は紐のようなもので首を絞められたことによる窒息死と判明。そのほか、喉元に強い衝撃や圧迫を受けた際に生じるあざ、胸元や腕に素手で殴られたような痕が確認された。全身に抵抗した痕跡が見当たらなかったことから、不意打ちにより気を失い、室内で殺害されたあと、車で運ばれて発見現場に遺棄された可能性が高いと見られている。

 麻衣さんは母親(当時52歳)と兄(当時16歳)の3人暮らし。遺体発見3日前の7月6日、母親と兄は宮城県にある母親の実家に帰省し、麻衣さんもあとから合流する予定だった。自宅マンションには、母親の代わりに普段は大阪府で別居しているヨルダン人の父親が訪れていた。同日の昼過ぎ、麻衣さんは「午後8時過ぎには帰る」と父親に言い残して外出する。バイト先の同僚女性(当時20歳)と埼玉県草加市の飲食店で昼食をとり、2人で東武伊勢崎線・草加駅から電車で新越谷駅に移動。駅近くの洋品店で上下のスポーツウェア(黒)を購入し、夕食などを済ませたあと、午後6時頃に新越谷駅から東京方面に向かう上り電車に乗った。同僚女性が新田駅で降りる際、麻衣さんは「これから友達と会う」と話していたという。

 谷塚駅で降りた麻衣さんは、駅から200mほどの場所にある瀬崎町の浅間神社で開かれていた夏祭りの会場に向かう。しかし、待ち合わせをしていた中学時代の同級生は都合が悪くなり、しばらくの間は1人で過ごしていたものと見られている(この間、複数の友人に電話をかけている)。その後、かき氷店アルバイトの女性と意気投合し、午後8時頃から同店の客引きを手伝う。午後9時過ぎ、麻衣さんの携帯に着信が入り、誰かと会話を交わしたあと、アルバイトの女性に別れを告げる。女性は「お礼がしたい」と申し出たが、麻衣さんは「また連絡して」と断ったという。最後に麻衣さんらしき人物が目撃されたのは谷塚駅近くのコンビニで、「階段に腰をかけて飲み物を飲みながら人を待っているような感じだった」との証言が残されている。

 誰かに連れ去られたのだとしたら、最後に電話をかけてきた相手が犯人か? それとも、付近を車で通りかかった面識のない人間に拉致されたのか......!? いずれにせよ、麻衣さんが持っていたはずのバッグやビニール袋、財布、携帯電話、腕時計、着替える前の服、つけ爪などが発見されておらず、物盗りから変質者、そして怨恨の線も含め、捜査対象者は膨大な数に上っている。

 中学時代は「明るくてオシャレなカワイイ女の子」という評判だった麻衣さんは、ハーフということもあり、目鼻立ちがハッキリした長身の美人。スタイルも良く、派手なファッションを好んでいたため、周囲でも目立った存在だったという。高校は通信制のため、任意出席授業などには参加していなかった。

 同事件は茨城県初の「公的懸賞金」の対象となったが、2008年に適用終了。その後は被害者の会により上限300万円の「私的懸賞金」が懸けられている。7月4日に期限を迎えるが、同会は延長する方針だという。

 この季節がやって来るたび、彼女は夏祭りの会場で、誰かを探して彷徨い続けているのかもしれない......。
(取材・文=神尾啓子)

<情報>
【被害者の所持品(未発見)】
・バスケットシューズ(白/AND1)
・腕時計(銀/ROLEX)
・携帯電話(黒/パナソニック)
・バッグ(銀/ピンキー&ダイアン)
・ビニール袋(赤/「CALM」の文字)

<懸賞金>
私的懸賞金:300万円(2010年7月4日まで)※延長の可能性あり

<連絡先>
茨城県境警察署捜査本部
TEL.0280-86-0110
TEL.0120-006-475(フリーダイヤル)


バックナンバー
【第12回】 "白昼の惨殺劇"母親が刺殺される一部始終をトイレの中で聞いていた娘......
【第11回】 全裸発見の茨城大女子学生絞殺遺体 遺留品から検出の"男性2人分のDNA"の謎
【第10回】 愛知・蟹江町の"眼球破裂"通り魔事件 昨年5月「母子3人殺傷事件」と同一犯か!?