「Gap(ギャップ)」は、上海と北京に各2店舗ずつ、合計4店舗を年内に出店することを発表した。また同時に日本では開設されていないECサイトを中国に向けてオープン。店舗にはブランドを代表するデニムに加え、メンズレディス、Gapkids、BabyGapなどGapのすべてのラインが揃う予定だ。

・中国のアンダー30に注目「エキサイト80后(バーリンホウ)」 開設

 Gapが中国初のショップを出店する上海、北京は、中国の流行の発信地として知られており、多くのファッションブランドが出店を果たしている。上海の店舗は、1,796平方メートルを誇る2フロア構成の旗艦店と、上海のハイストリートであるMid Huaihai Roadに位置する広さ1,140平方メートルの旗艦店を計画中。また北京では、2フロア構成の1,165平方メートの旗艦店に加え、大型ショッピングセンターにも1,800平方メートルの店舗を出店する計画だ。

 また、マルチチャンネル市場参入戦略のひとつとして中国の電子商取引企業Shanghai Yi Shang Network Information Co., Ltd., とパートナーシップを締結し、ECサイトを開設する。 中国のカスタマーに向けて、いつでもどこでもGap製品を購入できる機会を提供していく。