早朝出社、実際にメリットありますか?
巷では早朝出社がブームなのだそう。「朝活」という言葉も生まれ、書店のビジネス書コーナーには、早起きによる仕事の効率アップを語る本が平積みにされています。いわく、朝は集中力が高く、仕事に余裕を持って取りかかれ、残業も減り、体調も良くなり、電気代節約で地球環境にもよい…と良いことずくめのようです。しかしなんとなく気になっていても、なかなか実践できない方、多いのではないでしょうか、教えて!gooにはこんな質問が寄せられていました。

「早朝出勤のメリット」

s1229さんは、早朝出社している人を見てどう思うか、と質問を書き込んでいます。「(実際に)メリットがあるように思えますか?」とのこと。これに対し、

   「毎日遅刻ギリギリで来る人と比べたら印象は良いですよね。実際、早めに来る人の方が仕事ができる人が多い気もします。私は仕事のモチベーションが下がった時、始業間際に出社していました」(johnnobiさん)

   「人が少ないので、集中力がありますよね。…(けれど)仕事の出来不出来と早朝出勤者との間には、相関はないと思います。遅く来て、サッサと帰る人にものすごいできる人がいますし、あまりパッとしないできない人が早朝から毎日来ている例もあります」(wathavyさん)

いずれも実践者からのコメントですが、寄せられた回答は基本的に「メリットあり」というものでした。しかし、wathavyさんは、早朝出勤の際は電車の中で語学講座を聴いていたそうで、仕事とは無関係と断っています。朝活=仕事ではないということですね。つまり、自分の時間を何に使うかは自分自身の問題といったところでしょうか。

■急に朝型人間になるのは無理?

また、早起きしたいがうまくいかないので、続けるためのアドバイスが欲しいという質問も寄せられています。

「早起きを続けるコツ」

こちらの質問に対しては、

   「5時半に起きた日の夜は、11時くらいには寝る」(sukekenさん)

   「起きたらすぐに朝日を浴びる」(noname#)

など、いろいろな方法が書き込まれました。しかし、毎日夜10時に寝て朝4時に起きる生活をしているというbuddasatiさんによると、

   「(夜型から)完全に朝型になるのに、約2年かかりました」

ということです。急に朝型人間になるのは無理のようですね。一方で、家族の早朝出社について、こんな質問も寄せられていました。

「旦那が『朝活』と称して、早朝5時や6時に出勤」

夫の浮気を疑っているという質問者は、怪しい行動のリストとして、「2週間前からダイエット開始」「派手なパンツの購入」「へそくり発覚」などともに、「早朝出勤」を始めたことを挙げています。

   「そんな旦那にご飯作ってアイロンかけて…と世話する気がうせています。あきらかに、何か外に楽しみを見つけちゃってる空気」

“楽しみ”というのが仕事なのか浮気なのかはわかりませんが、慣れないことをして家族からあらぬ疑いをかけられることは避けたいですね。

三枝大介(Daisuke Saegusa) →記事一覧

■関連Q&A
始業前の早朝出勤は時間外労働?
朝早く出社する人は何のために早く来ているのでしょうか?

■関連記事
差が出る!通勤時間の活用術
「朝活」で、今年こそ恋も仕事も手に入れる!