昨年9月に「クレヨンしんちゃん」の原作者、臼井儀人氏が群馬県の荒船山で遺体となって発見されたことを受けて、同作品の単行本は生前に刊行された第49巻で止まったままとなっていましたが、第50巻が来月発売されることが明らかになりました。

臼井儀人氏が手がけた作品が収録される「クレヨンしんちゃん」の単行本としては事実上最終巻となることを考えると、一抹の寂しさを感じざるを得ません。

詳細は以下から。
株式会社双葉社 | まんがタウン


「クレヨンしんちゃん」が連載されていた「月刊まんがタウン」の公式ページによると、7月16日に同作の単行本第50巻が発売されるそうです。

同作については原作者が亡くなった後も当時未発表だった原稿を掲載する形で連載が続いていましたが、今回の単行本化により、月刊まんがタウンではなく単行本で同作を読んでいた人々も最後まで読めることになります。

なお、現在まんがタウンでは臼井儀人氏が描いたエピソードの中から、ファンの人気が高い傑作をピックアップした「クレヨンしんちゃんメモリアル」が掲載されています。

ちなみにクレヨンしんちゃんは今夏をメドに別の作家などによる新連載が開始されることが検討されていますが、はたしてどうなるのでしょうか。臼井儀人氏の独特なセンスが生きている同作であっただけに、今後の展開が気になるところです。

双葉社が運営する「クレヨンしんちゃん」公式ページは以下から。

「クレヨンしんちゃん」公式サイト


・関連記事
原作者が亡くなったアニメ「クレヨンしんちゃん」、テレビ朝日が放送継続の方針 - GIGAZINE

なんと「クレヨンしんちゃん」が大学に、「のはらしんのすけ儀塾大学」が本日開学 - GIGAZINE

「ドラえもん」や「21エモン」など、藤子・F・不二雄の作品を体験できる博物館が開館へ - GIGAZINE

記事全文へ