新卒採用メディアを運営するディスコ(東京都文京区、小坂文人社長)が、2011年3月卒業予定の「日経就職ナビ2011」の大学生(現大学4年生、修士2年生就職活動モニター)2000人を対象に、6月1日〜8日の期間、インターネットで就職活動状況調査を実施した。調査によると、6月1日現在の内定率は59.7%で、前年同期(62.8%)を3.1ポイント下回った。6月の内定率が6割を下回ったのは、2004年に調査を開始して以降初めてのこと。

 先月調査(5月1日現在)では、前年同期比1.7ポイント減だった内定率が、6月はさらにその差が広がり、例年よりも内定率は伸びなかった。
 
 また、内定を得た学生のうち就職先を決定し活動を終了したのは81.1%で、前年(75.0%)比6.1ポイント増と高い水準で推移している。

 一方で、内定を得ていない学生(モニター全体の40.3%)に今後の見通しを聞いたところ、「選考中の企業はあるが内定をもらえるかどうかはわからない」が52.4%で最多。また、「就職以外の道を考えている」学生も18.0%にのぼっている。

 未内定者に限らず就職活動を継続している学生に、夏・秋採用への応募予定を聞いたところ、「応募する」が57.9%で、前年調査の42.9%から15.0ポイント増えている。

 就職説明会などを開催している同社では、「夏・秋採用の募集枠は決して多くはなく、残席をめぐり競争はますます高まりそう」と分析しており、昨年以上に厳しい就職氷河期が続く見通しだ。

 有効回答は、939人(文系男子310人、文系女子255人、理系男子269人、理系女子105人)。

6月内定率

2011年卒学生 5月の内々定率41.4%、内々定獲得後も就活継続が3割超える
2011年大卒求人倍率1.28倍、昨年から0.34ポイント低下
【オピニオン】日本航空と学生の安定志向−日本人材ニュース

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門紙。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。