現代の日本が抱える諸問題の対処法がすべて分かった!

写真拡大

 あなたは、一人っきりで、ランチを食べることができますか? 
 そんなの当たり前だという方は、いま、世間を賑わせている「便所飯」現象について、どう思いますか?
 「便所飯」とは、「一人でランチを食べる姿を他人に目撃されると、『あいつは友達のいない、劣った人間だ』と思われる……と危惧し、トイレの個室に逃げ込み、そこで食事をする」行為のことです。そもそも人目を避けて行われるため、大っぴらに問題になることではありません。単なる都市伝説と信じている人もいます。しかし、「便所飯」を続ける人は、確実に存在します。表に出ない問題だからこそ、事態はさらに深刻になっていくのです。どこかで、それを止めなければなりません。
 「ランチメイト症候群」という言葉なら、ご存じの方が多いのではないでしょうか。「便所飯」行為は、その「ランチメイト症候群」の進化型といえるでしょう。そこにはれっきとした「歪んだ心」が存在します。
 彼らはなぜ、トイレに隠れて「便所飯」をしてしまうのでしょうか? なぜ、「友達がいない」と、「劣った人間」に見られる、と不安になってしまうのでしょうか? なぜ、そこまで「他人の目」が気になってしまうのでしょうか?
 精神科医であり、学校教育問題のエキスパートでもある和田秀樹氏の新刊『なぜ若者はトイレで「ひとりランチ」をするのか』(祥伝社刊)では、まさにその「便所飯」騒動をはじめとし、より広く深い視点で、若者の心理状態を鋭く洞察しています。
著者は同書で、一見、異常に見える「便所飯」行動の裏に存在する、確固たる要因を見事に解明しました。さらには、「便所飯」にまで至らなくても、その予備軍は大勢いること、それで多くの人間が苦しんでいると訴えます。その現状自体が由々しきことであり、これが進むと日本の経済も停滞したまま回復は望めない、と警鐘を鳴らしています。
 著者が見事に解き明かした、「便所飯」行動に走る理由とは……? 
驚くべきことに、便所飯だけではなく、最近の若者の心理状態が、著者の推察によって次から次へと露わになっています。
 「なぜ、最近の若者は贅沢をしたがらないのか?」「なぜ、夢を持たないのか?」「なぜ、何十年も後の、老後のことを気にするのか?」――現代の日本が抱える諸問題の原因、さらに、それらをいかに対処すべきか、著者は明快に著わしています。
 日本という国をより発展させるためには、どうすれば良いのか……? 
 その答えも、具体的に述べられています。
 どうしても自分に自信が持てない方、日々の人づきあいに疲れている方、「最近の若者の考えていることがわからなくて困っている」方、そしてもちろん、「便所飯」がやめられなくて困っている方……悩む前に、この一冊をお読みください。
(新刊JP編集部/山田洋介)

【関連記事】 元記事はこちら
祥伝社40年記念作品はちょっと変わった伝記集
「ファンクの帝王」の生き方から見える“人間力”
偏差値30の男はどうして東京大学に合格にできたのか

【新刊JP注目コンテンツ】
新刊JP特集『ガリマール新評伝シリーズ 世界の傑物』
あなたが変わるための最後のワンピース