社会にでて約10年。それなりに経験を積み、仕事にも慣れた。部下や後輩もできた。自分である程度の問題も解決できるようになった。で、気づいたら30歳。

 あれっ、もう30? でも、あんまり人にいえるほどの成果も出していないし、収入もそう増えていないなぁ。このままでいいのかなぁ。もしかして、なんかヤバい?

 20代をサボった人にとって30歳からうまくいく方法は、喉から手が出るほど欲しい情報です。

 そんな人に、今いる場所でできるユニークな「自主トレ」を紹介するのが、不動産投資コンサルタントの午堂登紀雄さんの著書『「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本』。

 その一つに「名インタビュアーになろう」があります。

 自分たちより年上の多くは「昔の武勇伝を自慢したい」という欲求があります。そこを名インタビュアーとして、うまくコチョコチョくすぐってあげるのです。「昔こういう実績出されたんですよねー」など聞くと、年上の人たちは「そうなんだよ!」と気分良く話してくれるでしょう。

 人は基本的に自慢するのが好きです。そして、説教することも好きです。自慢し、人に教えることを通じて、自分の価値の高さを確認しようとします。

 だから、自分の教えを請うことができれば、相手の気持ちをよくし、かつ相手のノウハウを吸収できるので一石二鳥。そして自分が「かわいげ」がある存在になっておけば、いざというときに支えてくれたり、口ぞえしてくれたりします。

 そこで、上司や先輩との飲み会は、誘われたら積極的に参加するようにしましょう。そして、過去の実績を引き出し、語らせるのです。相手が役員なら、権力者を味方につけるチャンスです。あるいは自分から誘うのもアリ。

 「仕事のことで悩んでいるんです。ご相談にのっていただけませんか」と言って誘ってみましょう。年配になればなるほど、部下からの「相談したい」という言葉に弱いものです。

 ちょっとした立ち振る舞いの変化で、仕事の環境が変わることがあります。名インタビュアーになり、20代でサボってしまったツケを埋め合わせしてみませんか?



『「あれ、もう30?」というアナタが結果を出せる本』
 著者:午堂登紀雄
 出版社:WAVE出版
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
あなたの会社が困った時、誰が助けてくれる?〜『ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』(2010年6月9日09:14)
60〜70代の大半が「死ぬほどの恋をしたかった」と後悔〜『20代にしておきたい17のこと 』(2010年6月8日06:36)
東大出身者が謙遜して「たいした大学じゃないですから」と言ったら〜『自慢がうまい人ほど成功する 』(2010年6月7日14:20)


■配信元
WEB本の雑誌