角界の野球賭博汚染は広がる一方だ。きのう(6月21日)も新たに4人の力士の関与が明らかになった。幕内の琴奨菊と十両の普天王、清瀬海、千代白鵬である。琴奨菊は今回の騒動の元となった琴光喜の弟弟子、十両の3人は出羽海、北の湖、九重の各理事が持つ部屋に所属する力士だ。また、すでに名前が上がった雅山は武蔵川理事長の部屋である。どこまで広がるか底しれない感じだ。

相撲協会まだ名古屋場所に未練

   番組の阿部祐二リポーターによると、琴光喜、普天王、清瀬海は日大相撲部出身、そして琴光喜、雅山、豊響、豪栄道は遊び仲間だという。「みんなでやれば怖くない」意識でギャンブルに染まっていったのだろうか。


   これだけの泥沼にも拘わらず、相撲協会は7月11日初日の名古屋場所開催に未練があるらしく、理事長は7月4日の臨時理事会で開催するかどうか最終決定すると発表した。

   MC加藤浩次が言うように、ここは中止を決めてから時間をかけて調査して疑惑を洗い出し、再出発を図るのが筋だろう。加藤からそうふらられたテリー伊藤は、「警察が本気だということ」として、「警察は相撲業界と暴力団の関係を完全につぶしたい思いが強い。地方場所にも暴力団が関与しているといわれてきた。悪い体質は今でも残っている。いくつもしがらみがあり、これをなくさないと不健康だ。そこを警察はわかっている」と語った。警察が協会側に改革を迫っているということだろう。

   ひと場所1200万円の懸賞金を掛けてきた「永谷園」が、名古屋場所には出さないと公表、他のスポンサーも見直しの動きを見せているらしい。角界が未曾有の危機にあるのは間違いない。協会の現執行部に乗り越える力はあるのだろうか。

アレマ

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!