夏バテ防止のビタミンたっぷりサラダレシピ

写真拡大

 湿度が高く、蒸し暑い毎日で寝ても疲れが取れない。昼間は仕事で長時間のデスクワークや、暑い中での営業先周り…など、いつもよりストレスを感じていませんか?

 ストレスが溜まると胃腸の働きを鈍くなる、自律神経が乱れるなど、夏バテを促進してしまいます。

 ストレスを溜めないようにするにはビタミンをたっぷりとることが大切です。

 脳のはたらきが悪くなる、気分の浮き沈みが激しくなる、肌が荒れる、などなど、ビタミンが不足からくる心身の不具合は思ったよりも大きいものです。

 怖い怖いビタミン不足ですが、そうならないためにも普段からビタミンを多く摂っておかなければなりません。

 ビタミンが豊富に含まれている食材、と言えば野菜ですね。
 特に枝豆、トマト、かぼちゃ、ゴーヤ、枝豆などの夏野菜にはビタミンCがたっぷり含まれていて夏バテの防止・解消にも役立ちます。また水分が多く生で食べることが多い夏野菜は体を冷やしてくれる作用もあるそうです。
 
 『izumimirunのvegedining たっぷり主食サラダBOOK』(庄司いずみ/著、アールズ出版/刊)は野菜をメインにしたレシピを多数紹介しています。タイトル通り、主食になれるボリュームたっぷりな野菜料理はお腹いっぱい食べても太りにくく、ヘルシーなものばかり。見た目も鮮やかで食欲をそそります。

 昼間はどうしても冷やし中華、ざるそばなど炭水化物を食べることが多いこの季節、
 朝と夜はサラダでビタミン補給して、夏バテしないように心がけたいものですね。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】  元記事はこちら
わずか500kcal!満腹定食メニューで自然に痩せる
不規則な生活を過ごす新刊JP編集部が『あな吉さんのゆるベジ10分レシピ』で食生活改善に挑戦
人気映画の朝食を手がけたフードコーディネーターが超カンタン「朝食レシピ」を発売

【新刊JP注目コンテンツ】
実はあなたってこんなに「イタかった」!?(キャンペーンを6月23日から24日に実施!)
「簡単!」「おいしい!」「ミラクル!」の三重奏!