人生がうまくいかない本当の理由とは何だと思いますか?

 「それ」は悪性の風邪のように流行しています。大勢の人々を侵し、彼らの潜在能力を限定しています。さて、「それ」とは何でしょうか。

 「人はみな素晴らしい人生を送る権利がある」という思い込みです。

 なぜ、その思い込みが間違いなのか。それは、自分が何もしなくても、きっと誰かが自分を幸せにしてくれるという信念が根底にあるからです。人生とはそういうものではありません。「よりよい人生を望んでいる人」と「よりよい人生を手に入れている人」との間には決定的な違いがあります。

 成功をおさめ、人から尊敬され、素晴らしい人生を送りたいなら、自分に100%責任をもつ必要があります。うまくいかないことがあるとほとんどの人は親や先生、友人、上司、景気のせいにします。そして多くの場合、人々は自分が責任転換していることに気づいていません。本当は、問題の根源を直視するのが怖いだけなのです。

 では、問題の根源は何でしょうか。それは「自分自身」です。

 たしかに私たちはさまざまな問題を抱えています。しかし、自分の人生に責任をもつということは、それを他の人や物のせいにせず、自分の思考と行動をコントロールし、状況を改善するためにできることをするということです。

 人生の問題は多種多様ですが、私たちはそれを解決するために常に何かをすることができます。解決策を探す前に、まずそれを確信することが重要です。

 人生の質はその思考・行動・信念に左右されます。この3つは私たち一人ひとりが支配しているものです。成功するかどうかは自分次第なのです。

 人生と責任について、アメリカの実業家の言葉があります。

 「あなたは自分の人生に責任をもたなければならない。周囲の環境を変えることはできないが、自分を変えることならできる」

 人生がうまくいかない本当の理由がわかれば、あなたの人生はきっとうまくいくはずです。



『あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言』
 著者:ジャック・キャンフィールド、ケント・ヒーリー
 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
東大出身者が謙遜して「たいした大学じゃないですから」と言ったら〜『自慢がうまい人ほど成功する 』(2010年6月7日14:20)
水中に沈んだヘリから脱出する訓練を受ける宇宙飛行士〜『何とかなるさ!』(2010年6月7日09:19)
子どもの数学の成績を上げるには?〜『わが子を算数・数学のできる子にする方法』(2010年6月6日11:26)


■配信元
WEB本の雑誌