リノベーション住宅推進協議会(山本卓也会長)は、さる6月18日、東京・神田の如水会館で、第二回定時社員総会を開催した。同協議会は、発足1年で、正会員、賛助会員、特別会員を合わせて 268社の規模となった。総会では、発足時に策定されたマンション専有部のリノベーション基準に適合した「R1住宅」の推進と基準の検証・改善を担当するR1部会、区分所有マンション専有部のリノベーションを対象とするR2部会、1棟リノベーションが対象のR3部会、戸建て住宅が対象のR5部会から活動状況が報告された。また、プロモーション委員会からはメルマガの配信やポータルサイトの展開、「朝日住まいづくりフェア」出展、「東京リノベーション100(リノベ祭り)」等の企画について報告されたほか、地方活性化委員会からは、各部会単位で報告が行われた。
新年度は、ストック型社会を見据え、(1)消費者にとって「リノベーション住宅」がすまいの選択肢として確立すること、(2)「リノベーション」が産業として確立すること、(3)「リノベーション事業者」の品質向上のサイクルを確立する、という3点を事業方針とし、認知拡大や品質基準策定、事業環境整備などの活動を展開。そのため組織面でも、R1、R2、R3住宅の3部会を統合し、品質基準・技術委員会を発足。活動休止していたR5住宅部会も基準策定に取り組むとしている。また、新設された事業環境整備委員会(新設)では、ローンや保険などの金融関連をはじめ、検査、資材など関連業界との連携のもと、事業者メリットの構築を図るとともに、買い取り再販型・請負型のリノベーションビジネスモデルの研究・深耕を図る。
なお、理事改選では、活動強化のため今期から理事を13名に倍増、下記の通り選任された。また、理事の互選により、会長・副会長が再任された。
リノベーション住宅推進協議会の役員構成は下記の通り。(以下敬称略)
会長:山本卓也/(株)インテリックス代表取締役社長
副会長:内山博文/(株)リビタ常務取締役
【理事】 中谷ノボル/(株)アートアンドクラフト代表取締役社長▽山本卓也/(株)インテリックス代表取締役社長▽西生建(新任)/エイム(株) 代表取締役社長▽山下智弘(新任)/(株)es代表取締役社長▽藤島昌義 (新任)/(株)エフステージ代表取締役社長▽宮下純 (新任)/(株) ジャパンプライムムーバ代表取締役社長▽笹原利明(新任)/(株)Design & Construction代表取締役社長▽森川幸二/(株)トータルエステート代表取締役社長▽忽滑谷勉(新任)/(株)長谷工インテック代表取締役社長▽大島芳彦/(株)ブルースタジオ専務取締役▽長谷川辰雄(新任)/山田建設(株)常務取締役▽小林稔/(株)ライフデザイン代表取締役社長▽内山博文/(株)リビタ常務取締役