TUFシーズン11のウィナーとなり、ダナ・ホワイトから盾を受け取るコート・マクギー。涙声で家族やチームメイトに感謝の言葉を述べた

写真拡大

6月19日(土・現地時間)ネバダ州ラスベガスのザ・パールでは、ジ・アルティメット・ファイター(以下、TUF)シーズン11フィナーレが開催された。

米SpikeTVで放送される11度目のTUFは、チャック・リデルとティト・オーティズをコーチに迎えながらも、フィナーレを目前に、ティトが首の手術により番組を途中降板するなど、大荒れの展開に。これを象徴するかのように、TUF11で決勝進出を決めたコート・マクギーとクリス・マクレイも、番組中に一度は敗れ、敗者復活に成功した二人だ。

そんな決勝戦は、序盤からマクレイの打撃に付き合わず、マクギーが再三テイクダウンへ。その度に素早い反応で立ち上がったマクレイだったが、最後はマクギーが連続してテイクダウンを決めると、バックを奪ってリアネイキドチョークで捕獲。終わってみれば、危なげない試合運びでマクギーが一本勝ち、ズッファとの6桁契約を獲得するシーズンウィナーとなった。

また、セミファイナルで行われたマット・ハミル×キース・ジャーディンの一戦は、場内に大歓声が沸き起こる激しい打ち合いが随所に見られたが、ジャーディンは2Rにサミングで痛恨の減点。拮抗した一戦だっただけに、この減点が大きく影響し、判定結果は2-0でハミルを支持。ジャーディンはUFC4連敗を喫した。

■関連リンク
TUFシーズン11〜全11話のストーリーはコチラから


第10試合 TUFシーズン11決勝戦 ミドル級/5分3R
×クリス・マクレイ
(米国)
2R3分41秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
コート・マクギー○
(米国)
第9試合 ライトヘビー級/5分3R
×キース・ジャーディン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マット・ハミル○
(米国)
第8試合 ミドル級/5分3R
×アーロン・シンプソン
(米国)
2R4分17秒
TKO
詳細はコチラ
クリス・レーベン○
(米国)
第7試合 ライト級/5分3R
○デニス・シバー
(ドイツ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
スペンシャー・フィッシャー×
(米国)
第6試合 ミドル級/5分3R
×ジェイミー・イェイガー
(米国)
2R4分25秒
TKO
リッチ・アトニート○
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○ジョン・ガンダーソン
(米国)
3R終了
判定
マーク・ホルスト×
(カナダ)
第4試合 ミドル級/5分3R
×セス・マシンスキー
(米国)
3R終了
判定
ブラッド・タバレス○
(米国)
第3試合 ミドル級/5分3R
○カイル・ノーク
(米国)
2R3分21秒
TKO
ジョシュ・ブライアント×
(米国)
第2試合 ミドル級/5分3R
○クリス・カモージー
(米国)
3R終了
判定
ジェームズ・ハモーティ×
(米国)
第1試合 ヘビー級/5分3R
×ジェイムス・マックスウィーニー
(英国)
1R4分32秒
TKO
トラビス・ブラウン○
(米国)