9日に行われたAKB48の選抜総選挙『母さんに誓って、ガチです』で、前年の覇者・前田敦子(18)を追い抜き、1位に輝いた大島優子(21)。多くのメディアに取り上げられ、いまや国民的アイドルとなった彼女の素顔とは?

 7歳から子役をはじめ、和久井映見主演ドラマで最高視聴率28.3%を記録した『バージンロード』(フジテレビ系)や『D×D』(日本テレビ系)などに出演。現在はAKB48のセンターを務めているが、「将来の目標は女優さん」と明言しているように、女優への憧れは強い。

 チームKのメンバーとしてAKB48に加入したのは、2006年4月。そして今回、選抜総選挙で1位の座を奪い取った。

 テレビ局関係者は、彼女の取材陣に対する態度は素晴らしいという。「彼女を取材して、悪い印象を持つ人は聞いたことがありません。取材前はほかのメンバーを気に入っていた人も、大島を取材すると、彼女のファンになってしまうほど。礼儀正しいし、笑顔を絶やさない。撮影中も、自分に何が求められているか、キチンと考えて対応するため、こちらとしても非常にありがたいのです」

■関連リンク
大島優子オフィシャルブログ

■関連記事
AKB大島 総選挙1位で携帯待ち受け画面を配布
AKBファンの12% 一日10時間以上AKBに費やす
AKB『桜の栞』オリコン1位 1人で14枚買った男性登場