ゲームは新型ハードで次のステップへ!生き残りを掛けた戦い

写真拡大

アメリカのロサンゼルスで2010年6月15日より開幕した世界最大のゲームの見本市「Electronic Entertainment Expo(E3)」は、未発売の最新のゲーム機やゲームタイトルが披露される数少ない発表の場だ。メーカー各社は、「これぞ!」というプロダクトを展示するわけだが、メーカーごとにその戦略は異なっている。

任天堂は携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の後継機種となる「ニンテンドー3DS」を披露した。「ニンテンドー3DS」は、現行の「ニンテンドーDS」と同様のクラムシェル型の筐体で、上下にひとつずつ画面があり、ひとつが3D、もう片方がタッチパネルとなっている。専用メガネを掛けることなく、3Dの映像が楽しめる。また、背面には、2つのカメラが内蔵され、3D映像を自分で撮影できるようになっている。

ソニーは家庭用ゲーム機「PlayStation3(PS3)」の3D対応ゲームソフトを発表した。既存のPS3でもファームウェアのバージョンアップにより3D対応ゲームソフトに対応可能だが、実際にゲームを楽しむためには、別途3Dテレビと専用メガネを購入する必要がある。

マイクロソフトはPS3対抗馬となる新型のXbox「Xbox 360 E310 Media Briefing」を発表した。最大の特長は、誰もが簡単に楽しめるように、コントローラーを必要としないゲームシステム 「Kinect(キネクト)」に対応した点だ。Kinect を使うと、ダンスや、陸上競技でハードルを飛び越えたり、空を飛んだり、動物と友達になったりする体験が、コントローラーを使わずに楽しむことができる。

任天堂とソニーは3D、マイクロソフトは新しいインターフェイスにより、ゲームユーザーのハートをつかもうとしているが、それは生き残りを掛けた戦いでもある。ゲーム市場のマイナス成長が予測される中、これらの新しいゲーム機が業界の起爆剤となるだろうか。

Screenshot from Nintendo.
This image is used in accordance with copyright law number 32

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります