ゲーム店スタッフが『ラブプラス』の美少女とお泊り熱海旅行!

写真拡大

ゲームソフトやパソコン機器などを販売している秋葉原の人気店『ソフマップ』の店員が、ゲームの美少女キャラクター等身大パネルと熱海へ旅行に行っていたことが判明した。

その美少女キャラクターとは、人気恋愛シミュレーションソフト『ラブプラス』の女子高生・姉ヶ崎寧々ちゃん。『ソフマップ』の店員は、巨大な寧々ちゃんの等身大パネルを持ち、ラブラブ旅行に行ったのである。しかも1泊2日というから驚きだ

この奇行を伝えている『アキバBlog』の記者によると、「ソフマップAM館のスタッフが15日〜16日の予定で寧々さん等身大パネル(自作)と1泊2日の熱海旅行に出発された」とのこと。つまり、寧々ちゃんの等身大パネルを自分で作ってまで熱海にお泊り旅行をしたというわけだ。

そんな『ソフマップ』店員のラブラブ旅行の様子は、『ソフマップ』が発行しているスポーツ新聞『ソフスポ』に掲載されており、確かに熱海と思われる街で寧々ちゃんの等身大パネルを持った店員の写真が掲載されている。この店員、お泊りをしてこの寧々ちゃんといったい何をしていたのか? 何が目的なのか? 不明なままである。

Screenshot from アキバBlog.
This image is used in accordance with copyright law number 32

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースがあります こんなびっくり