■第8試合 ヘビー級/5分3R
ベン・ロズウェル(米国)
Def.3R終了/判定
ギルバート・アイブル(オランダ)

いきなり大振りのフックを振るうアイブルだが、ロズウェルがテイクダウンからマウントを奪う。腰を押し、上を取り返したアイブルは直後にダブルレッグで叩きつけられてしまう。アームロック狙いから、ここでもマウントを奪ったロズウェル。アイブルはケージを蹴り上げ、マウントから逃れるとアンクルを仕掛ける。

ロズウェルのオントップに対し、またもケージを蹴り上げ、後方回転して逃れたアイブル。スタンドへ戻ると、本領発揮し、ヒザ蹴りからパンチをヒットさせる。

2R、すぐにロズウェルがテイクダウンを奪うと、アイブルは三角絞めを見せる。この仕掛けを担ぎからパスガードで潰したロズウェルはサイドから細かいパンチを落とすと、ブリッジからハーフに戻したアイブル。ロズウェルが足を引き抜くところにリバーサルを仕掛けるが、背中を跨がれマウントを許してしまう。鉄槌を落とされ、気持ちが折れるかと思われたアイブルだったが、再びケージを蹴り立ち上がることに成功した。

直後にテイクダウンを奪われたアイブルは、それでもアームロックの要領でリバーサルを奪い、強烈な左右のパウンドを落としていく。しかし、脇を差して立ち上がったロズウェルが上を奪い返し、イージーにマウント奪取。最終ラウンド、いきなりシングルレッグを見せたアイブルだが、潰されてガードを取る。担ぎからパスに成功したロズウェルは、右ヒジを落とすと、ニーインからマウントを奪われたアイブルは、ここでも腰を押し返し、ガードに戻す。パスガードからサイドを奪い直し、アームロック、エルボーと攻撃を続けるロズウェルは、マット・ヒューズ・ポジションから右エルボーを連打する。

残り試合時間1分となり、劣勢のアイブルは腕を引き抜くが、そのまま挽回の機会は訪れることなくタイムアップに。大味な一進一退の攻防は、ジャッジの裁定 3-0でロズウェルに凱歌があがった。