■第6試合 ライト級/5分3R
エヴァン・ダナム(米国)
Def.3R終了/判定
タイソン・グリフィン(米国)

右フックから組みつこうとするタイ・グリに、距離を取ったダナムは左ミドルをキャッチして拳を顔面に伸ばしていく。タイ・グリのシングルレッグを切ったダナムは、左右のフックから右ミドルを見せる。右ローから右クロールフックを見せたタイ・グリに対し、ダナムは、その左に右を重ねていく。

タイ・グリの左フックをかわし、そのままバックに回って寝技に持ち込んだダナム。両足をフックし、チョークを仕掛ける。必死の形相で左手をダナムの頭に伸ばし、体を捩じって胸を合わせようとしたタイ・グリだが、ダナムはバックグラブをキープしたまま初回を終えた。

2R、上背で大きく上回るダナムが左を伸ばしテイクダウンを狙うと、タイ・グリはギロチンを仕掛ける。首を引き抜き、ハーフからシングルレッグを見せたタイ・グリへダースチョーク。首を引き抜いたタイ・グリからすぐにテイクダウンを奪ったダナムは、そのままバックに回り再び両足をフックする。

たすきがけでポジションをキープし、タイ・グリを削るダナム。四の字フックになったダナムを背負うように立ち上がったタイ・グリだが、執拗に巻きつく腕を振り払うことはできない。前転するようにグラウンドへ戻ったタイ・グリだが、ダナムのキープは続く、再び立ち上がったところで2Rが終了となった。

3R、逆転するにはKOか一本しかないタイ・グリは、ダナムのテイクダウン狙いをかわし、拳を伸ばす。ダナムの右ハイをかわして、シングルレッグを仕掛けたタイ・グリだが、ミドルを掴んで投げを狙った際にまたもバックを奪われてしまう。背中に貼りつかれたまま、またも立ち上がったタイ・グリ。チョークを諦め、フェースロックを狙うダナムは、体重が掛かる角度でグラウンドに倒れ込んだタイ・グリのバックを奪ったまま試合終了を迎えた。

ジャッジの裁定は、30-27、29-28、28-29と信じがたいことにスプリットとなったが、ダナムが同門+格上のタイ・グリを下した。