JAFICA ユーザー向けイベントを開催しインテリアの魅力PR

写真拡大

日本フリーランスインテリアコーディネーター協会(JAFICA 今泉なな子会長)は、6月12日(土)に新宿コズミックセンターにて「ミニチュア家具でコーディネーター体験」と題した一般ユーザー向けイベントを開催した。同イベントは公益財団法人新宿未来創造財団(レガス新宿)が主催し定期的に行っている「消費者講座」の一環として行われたもので、昨年9月にJAFICAが同様のイベントをはじめて実施、それが好評だったことから今回の第2回目の開催となった。参加者は約50名。年配の方から子供連れの家族まで、幅広い年代層のユーザーが集まった。

「ミニチュア家具でコーディネーター体験」の内容は、1/12スケールのミニチュア家具やカーテン、ラグ、床材、壁紙、小物などのインテリアアイテムを部屋に見立てたスペースに設置しインテリアコーディネートを体験してもらうというもの。体験に先立ち、まず約30分のインテリアコーディネートに関するセミナー「インテリアのまとめ方のヒント」を実施、基礎知識を学んだ後、8つのテーブルに分かれJAFICA所属コーディネーターの指導によるコーディネート体験が行われた。1回目はカジュアル、ナチュラル、クラシック、モダンなどテーブルごとに課題を設定しコーディネートを実施、2回目以降は参加者の好きなテイストで自由にコーディネート体験が行われた。1テーブル5回〜7回ほど次々に模様替えが行われ、そのたびに表情を変えるインテリアに驚きの声や歓声が上がるなど、大人から子供まで大いに盛り上がった。1つのコーディネート作品が完成するたびに写真撮影を行い、イベントの最後にはプロジェクターでその作品を写しての鑑賞会も行われた。
参加者たちの楽しそうな表情が印象的で、一般ユーザーの啓蒙活動として非常に有意義なイベントであった。