偏差値30の男はどうして東京大学に合格にできたのか

写真拡大

 あなたは「勉強する意味」について考えたことがあるだろうか。子どもの頃、いつも親や先生から「勉強しろ」と説教され、大人になった今でもビジネス書などを通して「勉強しろ」と言われ…。

 でも、「勉強をする」って一体どういうこと?
 何のために「勉強をする」のだろうか?

 そうしたもやもやした悩みを解決してくれる一冊がマガジンハウスから出版されている『勉強革命!』だ。
 本書の著者・上田渉さんは東京大学出身。大学在学中からNPO法人やIT企業の立ち上げを経験し、2005年12月に株式会社オトバンクを起業。これまで日本では普及していなかった“オーディオブック”を広げるべく日々奔走する注目区の起業家だ。

 そんな上田さんだが、実は高校時代はかなりの落ちこぼれで、当時の偏差値はなんと30。「勉強しなければならない理由」が見つからず、遊びまわる日々を過ごしていたという。

 しかし、「勉強する意味」に気付いた上田さんは、猛勉強をはじめ、東大合格、起業、新たな市場の開拓と次々と夢をかなえ続ける。

 本書では、上田さんがどのようにして「勉強する意味」を見つけたか、そしてどのように勉強をしてきたのか、そのリアルな姿を書き上げられている。

 自分の将来に少し不安がある人や、自分だけの“何か”を見つけたい人、勉強をしたいけど、どうしたらいいのか分からない人は本書を手にとってみて欲しい。
 読み終えたその瞬間から、モチベーションは一気に高まるはずだ。
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】
新刊JP編集部がさまざまなシチュエーションで「耳勉」(ミミベン)に挑戦!
10人の社長が語る、経営危機の乗り越え方
注目の若手女性起業家、山口絵理子さん(株式会社マザーハウス代表取締役社長)に聞いた、気になる6つのこと

【新刊JP注目コンテンツ】
新刊JPを立ち上げた人はこうして勉強してきた!著者からの特別メッセージも
あなたが変わるための最後のワンピース