20〜30代のパパ、休日の子育ては1日「7時間」――このように男性の育児参加が進んできたことから、育児を楽しむ男性、いわゆる「イクメン」に注目が集まっているという。有名ブランドの会員制インターネットショッピングサイトを運営するGLS JAPAN(東京都渋谷区)は、20〜50代の子供を持つ男性500人に、6 月末から施行される「改正育児・介護休業法」や「子供手当て」の支給を踏まえ、26日の「父の日」にちなんで「父親の子育てに関する意識調査」を行なった。調査は、2010 年5 月27 日〜28 日に20〜50 歳の子供を持つ有職者男性500人に実施し、回答を得た。

 調査によると、「現在(子供が小さかった頃)、『子育て』に参加していますか(していましたか)?」と聞いたところ、82%が「参加している(していた)」と答えた。 特に20 代では、89%と約9 割が、一方で50代は74%と7割が「参加している(していた)」と答えており、若年層ほど参加率が高い傾向がみられた。

 「『子育て』にかける(かけた)時間は、1 日あたりどれくらいですか(でしたか)?」という質問には、平均で「平日2.1 時間」「休日5.8 時間」という結果が出た。特に「休日」に絞ってみると、20、30 代では「6.7 時間」、40、50 代では「4.9 時間」となり、休日の子育てにかける時間からも世代間の違いが見られた。

 具体的な「『子育て』への参加については、「公園に連れて行く」(82%)、「育児品の買い物に行く」(62%)、「スポーツなどに付き添う」(40%)、「宿題を手伝う」(35%)が多い。「宿題を手伝う」は、世代別で見ると、40、50代では46%が答える一方、20、30 代では23%と低く、ここでも世代間の違いが見られた。

 そして、「『子育て』を通じて自身が変化したこと」を聞いたところ、最も多かったのが「自宅で過ごす時間が増えた」(62%)。次いで「金銭感覚が変わった」(30%)、「仕事にやりがいが出た」(22%)と続いた。また、「こだわりを持ちたいもの」については、「趣味」(71%)が最も多く、以下「仕事」(36%)、「子育て」(19%)、「勉強」(19%)、「自分の服装」(17%)となった。特に20 代では、30%と3 人に1 人が「自分の服装」にもこだわりたいとしている。

 いまどきの“イクメン”は、育児にも自分の服装にもこだわる“おしゃれ”なパパのようだ。

採用見込み


20代未婚女性の97%が「仕事をしながら出産・育児に“不安”」
安心して働くことができる子育て支援が急務
家庭で孤立する父親!? お金の悩み拡大

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。