リクルートが、同社の求人メディアに掲載された求人情報からまとめた、4月のアルバイト・パート全国エリア別募集時平均時給の調査によると、首都圏が前月比、前年同月比ともにプラスとなったことが分かった。前年同月比は2カ月連続でプラスを維持している。

 三大都市圏(首都圏・関西・東海)の平均時給は940円(前月943円、前年同月945円)で、前年同月比マイナス0.5%だった。8カ月連続で前年同月を下回った。

 地域別に見ると、首都圏989円(前月988円、前年同月986円)だけが前月比、前年同月比ともにプラスとなった。

 関西892円(前月896円、前年同月894円)は前年同月比マイナスに転じ、東海892円(前月897円、前年同月897円)は22カ月連続で前年同月比マイナスとなっている。

 職種別に見ると、前月比では「営業系」(19円減)、「専門職系」(8円減)、「製造・物流・清掃系」(4円減)がマイナス。前年同月比ではすべての職種でマイナスとなっている。

アルバイトで働く理由 「生活費」が最多
派遣の契約更新が難しくなってきたと実感  約7割
フリーターから正社員、5人に1人はアルバイトから登用

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。