ルイ・ヴィトンがFIFAワールドカップのトロフィーケース製作

写真拡大

 「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」は、2010年6月11日から南アフリカ共和国で開催されるFIFAワールドカップの優勝トロフィー専用トラベルケースを製作した。このケースは、2010年7月11日にヨハネスブルグで開催される決勝戦にてトロフィー贈呈の際に披露される。

 FIFAワールドカップの優勝トロフィーは、高さ36cm、重さ6.175Kgの18金製。今回FIFAが「LOUIS VUITTON」に発注したオーダーケースは、トロフィーを収める為だけの特別オーダー品だ。これは、パリ郊外アニエールにある「LOUIS VUITTON」の歴史的なアトリエで、熟練されたひとりの職人の手により製作したもの。ブランドの象徴的なモノグラムのキャンバス地に真鍮製のロックと金具が備わり、ゴールドに輝くトロフィーの美しさを際立たせるダークブラウンのライニングが施されている。

 「LOUIS VUITTON」の詳細なスケッチと巧妙なプロトタイプを経て完成した希少なトラベルケースは、世界にたった一つ。FIFAワールドカップの重要な資産であるトロフィーを、世界中へ運ぶスペシャルな一品だ。