武力的検閲から本を守る日本の漫画『図書館戦争』

写真拡大

Corrina Lawson

米VIZ Media社が送ってきた、新しい漫画についてのプレスリリースを見ていた時に、『図書館戦争』(Library Wars)が目にとまった。図書館の英雄たちの話だって? 私には抵抗できない面白さに見えた。

[米VIZ Media社は本社サンフランシスコで、フランスのパリにヨーロッパ支社を持つ小学館集英社プロダクションの関連会社。北米における日本の漫画やアニメの翻訳出版と映像販売を行なっており、英語版の少年ジャンプ(日本語版記事)も毎月刊行している]

図書館戦争』の舞台は未来[2019年]、「不適切」な本[「公序良俗を乱し人権を侵害する表現」]を取り締まる特別委員会[検閲に際しては武力行使も行なう「良化特務機関」]が、政府によって創設された。

図書館と自治体はこれに対抗すべく、本を守るための特殊部隊『図書隊』(LDF、Library Defense Forces)を結成。任務は、本とその読者を、命に代えても守り抜くことだ。

主人公は笠原郁。子供のころから図書隊に入ることを夢見てきた少女だ。第1作では図書隊員としての訓練、中でも教官との愛憎関係を描いている。

VIZ社によると少女マンガと分類されているが、主人公が少女であること以外は、少女的なところはあまりない。確かに、郁と教官の間にはロマンティックな緊張感がある。しかし多くの点で、大義のため軍に加入した若い理想主義的なヒーローたちの物語に近い。

本を守るという大義は、読書が好きな子供たちを引き付けるだろう。物語はテンポよく展開し、ユーモアとアクションがふんだんに盛り込まれている。読書好きな大人にとっても(マンガ的なユーモアがありすぎるのは私の好みではないが)、主人公が苦闘するプロセスには驚くほどの感情的な深みを感じられる。

米VIZ Media社のプレスリリースによると、この漫画の原作は有川浩氏の小説『図書館戦争』シリーズ。この作品は非常に人気が高く、日本での発行部数はシリーズ全体で100万を超える。有川氏は2003年に『塩の街 wish on my precious』で『第10回電撃ゲーム小説大賞』に輝き、2004年に同作でデビューした。

漫画版の作者、弓きいろ氏は『ビリー坊ちゃんの憂鬱』で、第42回のLMG(ララまんがグランプリ)の「フレッシュデビュー賞」を受賞している。


WIRED NEWS 原文(English)

  • 映画化の動きも:米国でも人気の漫画『BLEACH』2010年3月25日
  • 米国でも『少年ジャンプ』が人気2010年1月7日