『相棒』より

写真拡大

水谷豊、及川光博主演の人気シリーズ『相棒』のドラマ「season9」が10月からテレビ放映され、12月には映画第2弾『相棒ー劇場版 IIー(仮題)』が公開されることが決定した。

『相棒』は、警視庁特命係に所属する刑事・杉下右京(水谷)と、その相棒である神戸尊(及川)が、数々の難事件を解決していく人気シリーズ。 2000年に第1作が2時間ドラマ枠で放映され、2002年に連続ドラマがスタート。2008年には『相棒ー劇場版ー絶対絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』が劇場公開され、44億円の興行収入を記録した。

最新作の製作決定に際し、水谷は「相棒が10年続いたのは、素晴らしいスタッフ、キャスト、ドラマを観てくださるみなさまのおかげ以外の何物でもありません」とコメント。及川も「僕は昨年からの参加ですが、水谷さんとの“呼吸”を大切にして精一杯演じたいと思います。さらに劇場版に出演できるなんて!! わーい☆」と喜びを表している。

映画の詳細な内容や物語は不明だが、本作のゼネラルプロデューサーを務める松本基弘氏は「次なる劇場版の舞台は、なんと警視庁です。日本警察の総本山・警視庁でとんでもない事件が起きます」と予告している。

『相棒ー劇場版IIー(仮題)』
12月23日(木・祝)全国ロードショー

■関連記事
『相棒−劇場版−絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』作品情報