1日、韓国・食品医薬品安全庁は、中国産冷凍シジミスープから食品への使用が禁止されている抗菌剤フラゾリドン代謝物が検出されたと発表。輸入および販売の取りやめを命じた。写真は江蘇省のシジミ漁。日本や韓国に出荷されている。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=42646">

写真拡大

2010年6月1日、韓国・食品医薬品安全庁は、中国産冷凍シジミスープから食品への使用が禁止されている抗菌剤フラゾリドン代謝物が検出されたと発表。輸入および販売の取りやめを命じた。2日、中国経済網が伝えた。

問題の冷凍シジミスープは浙江省湖州市の中国企業が生産したもの。韓国企業が輸入し、食品加工企業に卸していた。これまでに計160トンが輸入されていたという。韓国情報サイト「Innolife.net」によると、問題のシジミスープは韓国から日本に輸出されていたという。

【その他の写真】

フラゾリドンは抗菌剤として使われるが、奇形や流産、精子の減少、卵巣萎縮などの症状を引き起こすとして、2009年から米国、欧州など各地域で使用が禁止されている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<中国食品>「毒ニラ事件」発生=有機リン系農薬残留で1930キロを廃棄―山東省青島市
<中国食品>大人気のもやしに落とし穴?!成長促進のため発がん性物質を投与―中国
<中国食品>小麦粉の発がん性「増白剤」、使用禁止に8年越しの議論―中国
<中国食品>安全確保に向けた専門機関を創設へ―中国
<中国食品>汚染度を簡単に測定、毒性測定試験紙の開発進む―中国