任天堂が携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズの値下げを発表しました。

これにより「ニンテンドーDSi」が1万5000円となるほか、画面が大きくなった「ニンテンドーDSi LL」に新色が登場しています。

詳細は以下から。
「ニンテンドーDSシリーズ」メーカー希望小売価格改定 及び「ニンテンドーDSi LL」の新色発売のお知らせ

任天堂のプレスリリースによると、2010年6月19日からニンテンドーDSシリーズの価格を値下げするそうです。

これにより「ニンテンドーDS Lite(現行価格1万6800円)」はオープン価格に、「ニンテンドーDSi(同1万8900円)」は1万5000円、「ニンテンドーDSi LL(同2万円)は1万8000円になるとのこと。

また、「ワインレッド」「ダークブラウン」「ナチュラルホワイト」の3色が提供されていた「ニンテンドーDSi LL」に「ブルー」「イエロー」「グリーン」の3色が新たに追加されるとしています。

新たに発売されるカラーはこんな感じ。


値下げされる時期ですが、任天堂が世界的なビッグタイトルを正式発表するとされている「E3 2010」のちょうど後というのが非常に気になりますねこれは…。

・関連記事
3Dなのは上画面のみ?「ニンテンドー3DS」のテスト用基板と思われる写真からスペックの一部が明らかに - GIGAZINE

任天堂、極秘で開発中の「世界的なビッグタイトル」を正式発表へ - GIGAZINE

「法律上問題ない」と断言する秋葉原のマジコン販売事情を徹底レポート、B-CASカードの販売も - GIGAZINE

今度は「マジコンビル」が登場、巨大な看板を掲げて堂々と営業開始へ - GIGAZINE

記事全文へ