「インテリア ライフスタイル2010」開幕

写真拡大

東京ビッグサイト西ホールにて、ライフスタイル提案型見本市「インテリア ライフスタイル」(主催:メサゴ・メッセフランクフルト(株))が開幕、開場と同時に多くの来場者が詰め掛けた。
「インテリア ライフスタイル」は、デザイン性の高い最新アイテムが集結する見本市として出展製品のクオリティーに定評があり、トレンドの発信源としてインテリア業界関係者はもとより多方面にわたるデザイン分野のプロフェッショナルからも年々高い評価を得ている。今回は30カ国・地域から618社(国内438社、海外192社)が出展、前年の630社からは微減となったが国内出展者数は逆に増加するなど、期待の高さが伺える。
注目のアトリウム特別企画は、ギフトをテーマとした「giving style(ギビング・スタイル)」。贈り手のこだわりや気持ちを伝えるギフトアイテムが、33社の出展者より出品されている。ギフトというテーマの下、従来のインテリア関連製品だけでなく、化粧品や食品にいたるまで、これまでの「ライフスタイル」の枠を超えた提案となった。この他、「style Japan」「COOL」「NORDIC LIFESTYLE」といった特別エリアを中心に、魅力的なライフスタイル製品が多数展示されている。
会期は6月4日(金)まで。