神になってバベルの塔建設を阻むiPhoneゲーム

写真拡大

Jonathan Liu

旧約聖書の「創世記」11章は、野心的な人々の話を伝えている。共通の言語と目的を持った人々が、天に届く塔を建設しようと決心した。だが神は、違う言葉を話させるようにすることで彼らを混乱させ、この巨大な塔の建設計画は放棄されることとなった。これにより、神による統治が守られ、一瞬にしてさまざな言語ができたというものだ。

仏Bulkypix社の『iPhone』用ゲーム『Babel Rising』でプレイヤーは、文字通り神としてふるまうことができる――ただしこの場合、「言語を撹乱する」という非殺傷的な技ではない。タップやスワイプ、シェイクなどを駆使し、稲妻、天からの火の玉、津波、大風、地震といった技を使用するのだ。そして、文字通り指で人を直接攻撃する「神の指」というものもある。小さなバビロニア人たちが塔を築こうと次々と押し寄せてくるなか、できるだけ建設を阻害する、というのがこのゲームの目的だ。

それぞれの技にはゲージが存在し、より多くのゲージを貯めれば、その技は強力になり、より多くの人間たちを一気にやっつけることができる。連続して行なうことで、相乗効果でパワーがより強力なる技もある。だが、ゲージがすべて貯まるのを待たなければならず、その間も塔が刻々と築かれていく。ときどき、上部中央にある「神の目」が瞬きをしたり見開いたりするのでそれをタップすると、塔を1段階破壊することができる。とは言うものの、塔の完成という不可避の結果を遅らせるだけのことなのだが。

自分が神になるiPhoneゲームには『Pocket God』(日本語版記事)もあった[2009年に読者が選んだ『お気に入り』ゲームのひとつ]が、それよりも目的意識の明確なゲームといえるだろう。

[ダウンロードはこちら(iTunes、115円)。「アニメまたはファンタジーバイオレンスが頻繁/極度」という理由で「9+」のレーティングがついている]


WIRED NEWS 原文(English)

  • ワイアードが選ぶ、おすすめ『iPhone』アプリ10選2009年1月6日
  • PSPやDSからシェアを奪うiPhone:1年で4倍に成長2010年3月31日
  • リアルな「指スケボー」ができるiPhoneゲーム:動画2009年2月6日