ライトヘビー級で随一といっていい運動神経をいかんなく発揮し、因縁に決着をつけたラシャド。ショーグンが持つ王座挑戦に大きく前進した

写真拡大

5月29日(土・現地時間)、ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナでは、UFC114「RAMPAGE vs EVANS」が開催された。

そのメインイベントでは、ジ・アルティメット・ファイター・シーズン10のコーチに起用されると、同番組内で幾度も激しい口論を繰り返したランペイジ・ジャクソンとラシャド・エヴァンスが激突、因縁の二人が遂にオクタゴンで対峙した。

昨年3月、当時のライトヘビー級王者だったラシャドに対し、キース・ジャーディンを破ったランペイジが挑戦する予定となっていたが、ランペイジの負傷により試合は実現せず。また、昨年末に行われる予定だった“TUFコーチ対決”も、ランペイジが映画「The A TEAM(特攻野郎Aチーム)」の撮影を優先したため、両者の対戦はまたしても流れた。

勝者は現王者マウリシオ・ショーグンに挑む公算も高い注目の一戦だ。試合は、序盤からラシャドが思い切り踏み込んで右を放って、ランペイジの軸を崩すと、その後も要所でテイクダウンに成功。3Rには、タックルをがぶられると、ランペイジのフックを浴び、強烈なパウンドを被弾して絶体絶命のピンチに陥ったが、これを凌ぐと終了間際にテイクダウンを取り返し、最後は3-0の判定勝利で因縁に決着をつけた。

その他にも、同大会では、UFC最短試合記録を持つヘビー級の新鋭=トッド・ダフィーが、マイク・ルソウを相手に優勢に試合を進めるも、3Rにルソウの“ワンパン”で轟沈。UFCに2戦目を迎えるアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラは、ジェイソン・ブリッツに思わぬ苦戦を強いられたが、判定で退けUFC2連勝をマークした。

また、ウェルター級に復帰したディエゴ・サンチェスは、若きUKファイター=ジョン・ハザウェイにまさかの判定負け。金星を挙げたハザウェイは一気にウェルター級戦線で存在感を示すこととなった。

■関連リンク
公開計量終了、冷静ラシャド×興奮ランペイジ
ランペイジ×ラシャド、遺恨の裏のベストシェイプ

第11試合 ライトヘビー級/5分3R
×ランペイジ・ジャクソン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ラシャド・エヴァンス○
(米国)
第10試合 ミドル級/5分3R
×ダン・ミラー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マイケル・ビスピン○
(英国)
第9試合 ヘビー級/5分3R
×トッド・ダフィー
(米国)
3R2分35秒
TKO
詳細はコチラ
マイク・ルソウ○
(米国)
第8試合 ライトヘビー級/5分3R
○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジェイソン・ブリッツ×
(米国)
第7試合 ウェルター級/5分3R
○ジョン・ハザウェイ
(英国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ディエゴ・サンチェス×
(米国)
第6試合 ウェルター級/5分3R
○キム・ドンヒョン
(韓国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
アミール・サダロー×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○エフライン・エスクデロ
(メキシコ)
3R終了
判定
ダン・ローゾン×
(米国)
第4試合 ライト級/5分3R
○メルビン・ギラード
(米国)
1R3分28秒
TKO
詳細はコチラ
ウェイロン・ロエベ×
(米国)
第3試合 ライトヘビー級/5分3R
×ルイス・カーン
(ブラジル)
1R2分13秒
TKO
詳細はコチラ
シリル・ディアバテ○
(フランス)
第2試合 ライト級/5分3R
×ジョー・ブレーマー
(豪州)
3R終了
判定
アーロン・ライリー○
(米国)
第1試合 ミドル級/5分3R
○ライアン・ジャンセン
(米国)
1R1分6秒
ギロチンチョーク
ジェシー・フォーブス×
(米国)