ファミ通作品が他社作品をパクった!? トレース疑惑で論争「トレースでは無いだろコレ」

写真拡大

人気ゲームからテレビアニメーションにもなった作品『true tears』(トゥルー ティアーズ)の絵を、ファミ通文庫のライトノベル『空色パンデミック』が模写しているのではないかと噂が広まり、インターネット上で大騒ぎとなっている。

『true tears』のデジタルギャラリーで見られるイラスト画像が、『空色パンデミック』ファミ通文庫公式サイト内のイラスト画像とそっくりなのだという。インターネット上ではトレース疑惑(他のイラストを無断で写し描きし、オリジナル作品として発表する行為)として、一部の人たちから非難の声があがっている。

事態を把握したファミ通文庫のスタッフがいるのか、2010年5月30日現在、『空色パンデミック』ファミ通文庫公式サイト内のイラスト画像は見られない状態となっている。この事態を取り上げた人気ブログ『オタク.com』には、「トレース疑惑発生だお! トレースは許しがたい行為だお!これは徹底的に糾弾すべき事実だお!」や「たしかにそっくりな構図ですね。これはパクってると言われても仕方ありませんね・・・・」と、怒りの声が掲載されている。このイラストを見た人は「完全に一致wwwww」や「トレース疑惑キターーーーw」、「ちょっwwwこれそのまんまじゃん」という声を書き込みしている。

しかし「パクってるかどうかは別としてこれ、トレスではないんじゃないの?」や「トレスではなく構図被りぐらいだと思うけどなあ」、「配置としては規則的だし、これぐらいだったらトレスするまでもないだろ。地面が、枯葉って点で雰囲気も似ちゃってるんだろうけど」、「トレスでは、無いだろ・・・コレ」という声があるのも事実。

確かに、構図や背景の色彩が似ていると感じるものの、まったく同じではないし、キャラクターの腕の位置や視線なども違う。実際はどうなのかについては正式にファミ通文庫のコメントがあるまで判断を待ったほうがよさそうだ。

Screenshot from 0taku.livedoor.biz.
This image is used in accordance with copyright law number 32.

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースがあります