2016年の欧州選手権は、誘致に立候補していたトルコとイタリアを退けたフランスが開催権を獲得した。

28日に行われたUEFA理事会の投票で、イタリアは1回目で敗退。フランスとトルコの決戦となったが、フランスが7対6で勝利した。

投票結果は、UEFAのフランス人会長ミシェル・プラティニが発表。プラティニは現役時代の1984年にフランスで開かれた欧州選手権で主将を務めた。なお、会長は投票に参加していない。

フランスはサルコジ大統領とフランス代表の英雄ジネディーヌ・ジダンが最終プレゼンテーションを行った。

■最新記事
モドリッチ、トッテナムと6年契約
イタリア代表、W杯後はプランデッリ監督
カメルーン代表監督、エトーを主将に任命
イングランド代表、日本戦で残り3枠争い
カシージャス、スペイン代表出場記録2位に