今年で2回目の開催となる「BIG BEACH FESTIVAL‘10」は本物の砂浜開催で水着でも参加OK!

写真拡大

“フジロック”や“サマソニ”など、夏のイメージが強いフェスだが、最近注目を集めているのが、夏前に行われる“春フェス”だ。今年はアクセスのいい都心近郊で2つの大きなフェスが開催され、いずれも海の近くで行われる“海フェス”ということで、「夏まで待てない」音楽ファンの間で話題となっている。

【写真】超気持ちいい!“海フェス”の魅力満載の写真はコチラ

5月29日(土)・30日(日)に新木場・若洲公園で行われる「ROCKS TOKYO」は、今年初開催の“都市型海フェス”だ。都心からほど近い立地にも関わらず、豊かな芝生が広がる会場で、心地よい海風を感じながらライブを鑑賞することができる。アジアン・カンフー・ジェネレーションやエレファントカシマシなど、幅広い世代に支持されるロックアーティストが一堂にそろうとあって、2日目のチケットは既に完売するほどの人気となっている。

さらに今年2回目の開催となる「BIG BEACH FESTIVAL‘10」には、なんとイギリスからケミカル・ブラザーズが参戦! 今年は6月5日(土)に千葉・海浜幕張公園の砂浜に特設ステージを設けて開催され、なんと水着でも参加OKという、本格的“ビーチフェス”にパワーアップ。1万2000平方メートルという広大な砂浜で、ビール片手に体を揺らせば、ひと足先に夏を感じられることは間違いないだろう。

両フェスともまだチケットは購入可能(「ROCKS TOKYO」は29日(土)のみ)なので、「夏が待ちきれない!」音楽ファンは、“海フェス”で夏を先取りしてみては!?【東京ウォーカー】

【関連記事】
水に濡れてもOK!雨の日が楽しくなる“ハイカットスニーカー”って? (東京ウォーカー(全国版))
フェス&トレイル人気で進化する“山スニーカー” (東京ウォーカー(全国版))
タワレコ“夏フェス応援グッズ”イチオシはレインボーカラーの一眼レフカメラ! (東京ウォーカー(全国版))
“マイ食器”持参の参加者が続々!「ロハスフェスタ」レポート (東京ウォーカー)