映画「パーマネント野ばら」の初日舞台あいさつに出席した吉田大八監督、池脇千鶴、小池栄子、畠山紬、菅野美穂、江口洋介、夏木マリ、宇崎竜童(写真左から)

写真拡大

映画「パーマネント野ばら」の初日舞台あいさつが22日、都内で行われ、出演者の菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬と吉田大八監督が登場した。

同作は、西原理恵子原作の人気同名コミックを実写化した大人のラブ・ストーリー。海辺の小さな町を舞台に、離婚をして実家に戻ってきたなおこ(菅野)や、町に住む個性豊かな女性たちの悲喜こもごもの恋愛を描く。

菅野は「現場では、夏木さんにイタリア料理店に連れて行ってもらったり、本当に楽しかったです」と笑顔で話した。また、なおこの娘のもも役を演じた畠山は「海がきれいで、料理がおいしかったです」と現場を楽しんだ様子。一方、池脇は「ラーメンを頭からかぶるシーンがあって、撮影の後、シャワーを浴びたら体からにんじんが出てきました(笑)」と撮影時の珍エピソードを語った。

さらに菅野は、共演者の江口について、「本当にすてきで、撮影の合間に(小池)栄子ちゃんと『江口さん格好いいよね〜』って話してたら、急に上から水が落ちてきて…バチが当たったんですかね(笑)」と話すと、小池も「めちゃめちゃ格好いいです、江口さん!」とべた褒め。そんな江口は「監督からも『理想の男を演じてください』と言われたんですよ。菅野さんとのトンネルでのラブシーンは、恥ずかしかったですね(笑)」と照れながらもうれしそうに話した。

吉田監督は「原作に負けないよう、むしろ勝つぐらいの出演者に集まってもらわないと映画にならないかなと思い、そこに命を懸けました。奇跡のようなキャストだと思うので自信があります」とアピール。

最後に菅野は「はちゃめちゃな内容でも、一生懸命生きてる女性たちの映画です。映画館を出る時に、優しい気持ちになっていただければと思います」と語った。

【関連記事】
『パーマネント野ばら』主演の菅野美穂が語る幸せのつかみ方 (MovieWalker)
西原ワールド全開!『パーマネント野ばら』の女性たちの生き方とは (MovieWalker)
『洋菓子店コアンドル』で江口洋介&蒼井優が初共演! (MovieWalker)
ドラマ「チェイス・国税査察官」で江口洋介がマルサに挑戦! (ザテレビジョン)
下品な発言が満載!? 菅野美穂8年ぶり主演映画『パーマネント野ばら』 (MovieWalker)