男性の草食化、コミュニケーション能力の低下に伴い、最も進化を遂げたのが女性の「建前」かもしれません。特に恋のサインでの進化は著しく、女性がそれとなく送るラブサインを読み解けない男性は、もう子孫を残せないかも!?

 日本女性言語学会は実在するOL、婚活女、人妻ら計500人にアンケートを実施。その「建前」の裏側にせまり本にまとめました。その名も『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典II 』。中身はこんなことが書いてあります。

【建前】話しやすいですよね

【本音】あなたの彼女になりたい

【解説】この言葉を聞いて、安全パイ扱いされたとガッカリするのは早計。まさかの「あなたにロックオン宣言」。「気持ちよく会話できる男はかなりポイントが高い」「好みのタイプじゃなくても、話していて楽しい相手だと好きになっちゃたりする」といった嬉しい声が聞かれます。


【建前】一口ちょうだーい

【本音】こいつも落としておくか

【解説】小悪魔気取りの女にとって、「間接キスは、女として意識させるための定番テク」。モテはいわば女のライフワーク。5人に1人がこうした「モテ技・セリフ」を「自宅で練習したことがある」と回答しています。


【建前】誠実そうですね

【本音】これで顔が良ければいいのになぁ

【解説】「顔が悪く、性格もよく知らない男に第一印象を聞かれた場合『誠実そうですね』で片付ける」「要は恋愛対象外」「外見ではなく、内面を褒めるのはやはり内面しかいいところがないから」などいった本音が聞かれました。


【建前】フリスク食べる?

【本音】口くせーよ

【解説】「親切な子だ。もしや俺に......」などと、ときめいている場合ではありません(笑)。なんと6割もの確率で「口くせーよ」と思われているようです。「一刻も早く、口臭を消してもらうにはフリスクが一番」。「あまりに臭いときは、たくさん出ちゃったフリをして5、6粒食べさせる」といった声も......。

 その他にも「かわいいですね」や「キャラが立ってるね」「サラリーマンっぽくないですね」など、気になる建前の本音がたくさん紹介されています。男性諸君にとっては、どれも気になるフレーズばかり。これは、チェックしないわけにはいかない?



『オンナの[建前⇔本音]翻訳辞典II 』
 著者:日本女性言語学会
 出版社:扶桑社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
子どもっぽい大人は得をする?〜『「話し方」で人を動かす「超」心理術』(2010年5月10日06:22)
W杯南アフリカ大会メンバー、いよいよ発表!〜『世界に一つだけの日本のサッカー』(2010年5月9日07:45)
ハンパないブサイクがモテる方法〜『テッパン男塾』(2010年5月9日01:57)


■配信元
WEB本の雑誌