スクエニ社員がカラスに睡眠妨害され悩む! ゲーム開発に支障!?

写真拡大

スクウェア・エニックスの社員であり、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、FF14)の開発者・田中弘道さんが、カラスに睡眠を妨害されて悩んでいる。田中さんはいつもカラスが発生させる音で目が覚めるそうで、『Twitter』で「最近毎朝カラスに起こされる。カラス避け対策せねば」と話している。

そんな悩みに対して他の『Twitter』ユーザーが「ゴミを黄色いビニール袋に入れて、置き場には黄色いネットで防護するようにしています。黄色はカラスの目では認識できないため」とアドバイス。しかし、そのアドバイスは田中さんの問題解決にはいたらなかったようだ。

なぜなら、ゴミ置き場にカラスが集まって困るのではなく、田中さんの家の屋根にカラスがやってくるから。田中さんはカラスに関して、「うちはごみに群がられるのではなく、どこかで拾ってきた食べ物を屋根上で食べられる音がうるさいんです。案山子でも置くか?かっこ悪…」と話している。

案山子(かかし)を屋根に置く……。確かにカッコ悪いかもしれない。田中さんがカラスによって睡眠を妨害され続ければ、仕事である『FF14』の開発に支障が出るかもしれない。そう考えると、カラスの睡眠妨害はゲームファンにとっても大きな問題だ。

このままではゲームがつまらなくなってしまう!? そう思っている人は、『Twitter』で田中さんに何かしら良いアイデアを教えてあげるのもひとつの手かもしれない。

画像: Twitterより引用

■最近の注目記事
マジで楽なバイト20選! たった5日で25万円のバイトも
任天堂社員が傷害容疑で逮捕! ゲームユーザー「エリートなのに勿体ねぇな 」
『2ちゃんねる』ユーザー絶賛のB級映画はコレだ!