アリソン、スペンサー、アリア、エミリー、ハンナはローズウッド学院一オシャレでイケてる仲よしセレブグループ。そんな5人をつないでいるのは、友情だけじゃなく、だれにも言えないひみつ......。

 出会ったころ、アリソンが他の4人のことを知っていたかはわからないけれど、4人はアリソンのことをよーく知っていた。だって、アリソンはパーフェクトな女の子だったから。きれいで、明るくて、頭が良くて、人気者。男の子たちはみんなアリソンとキスしたがっていたし、女の子たちは上級生でさえ、アリソンみたいになりたがっていた。

 だから、初めてアリソンがスペンサーの文字をほめたり、アリアのジョークに笑ったり、エミリーに水泳のことを聞いたり、ハンナのシャツを素敵とほめたりした時、4人はもう......頭がくらくらした。

 そう、アリソンと仲よくなるまでは、おばさんジーンズみたいにダサくてみっともないとしか思えなかった自分が、アリソンのおかげで、だれの手にも届かないような、最高に美しいシルエットのステラ・マッカートニーになれたような気がしたから。

 でも、13歳の夏休み、アリソンは突然失踪した。初めは、アリソンの家がちらりと視界に入っただけで泣きだしたくなるほど悲しんだ4人も、月日がたつにつれてバラバラとなり、どこかほっとした気持ちに包まれるようになっていた。

 4人にとってアリソンは、泣きたいときにすがりたい肩であり、片思いの男の子に電話をかけて自分への気持ちを確かめてほしいと頼めるただ一人の相手であり、新しいジーンズをはいたとき、お尻がきれいに見えるかどうかズバリと言ってくれる友だちだった。

 けれども同時に、4人はそんなアリソンを恐れてもいた。アリソンは他のだれよりも4人のことを知っていたから。土の中に埋めてしまいたいような──まるで死体のような──いやなひみつまで。もしかしたら、アリソンは死んでいるかもしれない......でも、もし死んでいるなら、4人のひみつは守られる。

 そして、守られていた。この3年間は......。

 「すべてを知ってる私は......すっごくすっごく近くにいるわ。A」

 突然、消えたはずのアリソンしか知らない「あのコト」をほのめかすメールが4人に届く。 差出人は「A」。......もしかして、アリソンは生きてるの? Aってだれ? いったい何を知ってるの?

 NYタイムズ7週連続ランクインの新感覚ガールズ・ミステリ『Pretty Little Liars』が、『ライアーズ』シリーズとしてついに日本に上陸。全米では初版30万部が即完売、2010年6月からは米国ABCネットワークでドラマ放送も開始されるなど話題沸騰中。一足先に入手した書店員からは、「海外ドラマに夢中になる感覚で読んだ。早く続きが読みたい!」「嘘とひみつと謎が織りなすスリリングな展開にハマること間違いなし。続きが気になる!」と、早くも続編を望む声が聞こえてきています。

 あなたもこの夏、セクシーな女子高生たちがはまってしまう危険なミステリの虜になってみませんか?



『ライアーズ1 ひみつ同盟、16 歳の再会』
 著者:サラ・シェパード
 出版社:ACクリエイト
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
W杯南アフリカ大会メンバー、いよいよ発表!〜『世界に一つだけの日本のサッカー』(2010年5月9日07:45)
ハンパないブサイクがモテる方法〜『テッパン男塾』(2010年5月9日01:57)
W杯、今大会のサプライズは?〜『考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか?』(2010年5月8日21:10)


■配信元
WEB本の雑誌