「大好きだけど親がDS買ってくれない」少女の手紙に豪任天堂が粋な対応。

写真拡大

「私の名前はヘレン、6年生です。私はあなたがたの大ファンです」。オーストラリアのある小学校で行われた「企業に手紙を書いてみよう」というテーマの授業で、任天堂に手紙を書いた11歳の女の子がいる。彼女はニンテンドーDSが欲しいのに両親が買ってくれない現状を切々と手紙につづったところ、同社は学校と相談の上でDSとゲームをクラスにプレゼント。この粋な計らいが欧米のネットで話題を呼んでいる。

豪ニュースサイトnews.com.auによると、この授業は今年4月、オーストラリア・ビクトリア州の小学校で行われたもの。先生からの課題が出されると、大ファンという任天堂を相手に選んだヘレンちゃんは自分の思いを一所懸命に文章にした。「私の名前はヘレン、6年生です。私はあなたがたの大ファンです」と、自己紹介から始めた手紙。ヘレンちゃんは、任天堂が出すゲームの面白さを称賛する一方で、その楽しさを存分に味わえない現状の不満を切々と訴え始めた。

彼女は誕生日にWiiを両親からプレゼントされたそうなのだが、「私の好きなゲームの多くが、Wiiにはない」と、今はDSが欲しくてたまらないらしい。しかし、両親は厳しく彼女を躾けているようで「DSを買ってくれないので、ガッカリしています」と、現状のもどかしい気持ちを吐露。そして、学校の授業の一環で手紙を書いていることなどを説明したヘレンちゃんは、「私はDSが欲しいです」と、今の純粋な気持ちをお願いにして手紙を締めくくった。

ところどころペンで文章を直されながらも、ヘレンちゃんの手紙はそのまま任天堂オーストラリアの元へ。すると、「通常、手紙に応じて製品を渡すことはない」という同社も、この少女への対応だけは違った。「お手紙ありがとう、我々にはとても印象深かった」と返事をすると、彼女のクラスにDSと「子どもが遊ぶのに適したゲーム」(news.com.auより)1つをプレゼントしたという。

少女の希望を叶えた任天堂の対応はネット上でも話題を呼んでおり、「自分も」と期待する人も少なくないようだ。news.com.auでは、ソーシャルニュースサイトDiggに「私もいろいろな会社に手紙を出したら、製品をもらえるだろうか」と書き込まれたという、コメントを紹介。しかし、同社は今回の対応はあくまで特例と話し、学校と相談した上でプレゼントしたとして、同様のケースが起きないようクギを刺している。

任天堂オーストラリアの関係者は、こうした手紙が普段から数百通ほど寄せられていることを明かし、製品を渡す対応をとっていないことを説明。ただ、場合によっては「学校や病院、老人ホームなどへ寄付するかもしれない」と、相手の状況を選んで対応する可能性があるとも話している。つまり、ヘレンちゃんの場合も学校の授業で手紙を出したことが、願いが叶う大きな要因になったというわけだ。

好きなゲームを手に入れて遊ぶまでにはもう少し時間がかかりそうなヘレンちゃんだが、特別な思いでDSを手に入れただけに、彼女はますます任天堂が好きになったに違いない。