女性の目を釘付けにする腹筋を手に入れる方法

写真拡大

 すっかり薄着の季節になってきましたね。
 冬の間に身につけてしまった分厚い脂肪をそろそろなんとかしないといけません。ベルトの上にたっぷりとのっかったお肉、案外見られているんですよ!

 割れた腹筋は、男性だけでなく女性にとってもひそかな憧れです。好きな男性の筋肉の部位について語ると、必ず上位にあがるのが腹筋。
 そんな腹筋を割るには効果的な腹筋運動をすることが大切です。ただ上体を起こす運動を何度も繰り返しても、首や腰などお腹以外が痛くなったりするだけで、何も効果が出ないなんとことも…。

 正しい腹筋運動の方法は、まず息を吐き、お腹を凹ませて腹横筋をタイトにした状況にします。そしてお腹をえぐりながら、肋骨を骨盤に近づけるイメージで運動します。
 また、運動を始める前に肋骨を意識しながら横隔膜呼吸を行い、身体を本来あるべき姿に戻すところから始めると、より効果的になります。

 やはりトレーニングをするなら最も効果的なやり方が良いですよね。
 身体を支えている筋肉たちを鍛える「コアトレ」の方法をまとめた本、『体幹を鍛える コアトレ スタートブック』(有吉与志恵/著、学研/刊)は、普段運動をしない人にも効果的に挑戦できるトレーニング方法が掲載されています。

 まずリセット・コンディショニングでコア(体幹)を整え、アクティブ・コンディショニングで筋肉がきちんと働くようにする。2種類1セットのトレーニングを行うことで体型の見た目はもちろん、疲れにくくなったり、肩こりや腰痛の改善にも役立つそう。
 本書には「細マッチョになるためのコツ」「調子を整えるためのコツ」として28個の「コアトレ」のコツを紹介しています。
 
 夏の出会いを逃さないために、今から準備してみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】
短距離走でベストタイムを出す“革命走法”とは?
名門を復活させた「チーム作り」、その方法とは?
グダグダな休日を過ごして後悔しないための方法

【新刊JP注目コンテンツ】
鹿島アントラーズを三連覇に導いた名監督初の自伝
野村監督の人材育成法を研究