韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は24日、哨戒艦「天安」の沈没事件に対して北朝鮮による犯行と断定したうえで談話を発表した。中国国際放送局によると、李大統領は北朝鮮が今後、韓国の領海、領空、領土を侵犯した場合は軍事的な対応も辞さないとしたうえで、南北貿易などの交流を中断すると発表した。

 李大統領は、「これまでの調査結果は、北朝鮮の魚雷が哨戒艦を沈没させたことを示しており、北朝鮮は沈没に対する代価を支払わなければならない」とし、北朝鮮に対して断固たる措置を取ると強調。続けて、北朝鮮が韓国の領海、領空、領土に対して武力侵犯を行った場合は「即刻自衛権を発動する」と述べた。

 続けて李大統領は、哨戒艦沈没事件は、国連憲章および朝鮮戦争の休戦協定、南北基本協議書に反する事件であると指摘。関係国と連携した上で国連安全保障理事会に対北朝鮮制裁決議などを求めるとした。

 韓国軍と民間による合同調査団は20日、哨戒艦「天安」の沈没原因は北朝鮮の魚雷によるものと断定した。沈没現場付近から引き上げられた魚雷のスクリュー(推進装置)の製造番号とその字体および刻印スタイルから、魚雷は北朝鮮のものであると断定した。(編集担当:畠山栄)



■最新記事
哨戒艦沈没、魚雷の設計図に意味不明の日本語、「武器の価格を上げるため?」
北朝鮮、米国が敵視政策を実施と非難 「絶対に許さない」
北朝鮮がサイバー奇襲攻撃を計画か、韓国は24時間態勢で警戒へ
北朝鮮関与断定めぐり国民混乱、ネットでは自作自演説まで浮上
アメリカの億万長者科学者がクローンの培養に成功、科学者は批判と称賛の声