報道陣も殺到する大相撲の大関、琴光喜の野球賭博疑惑――。番組は番組中に「この件は『8時またぎ』でもお伝えします」などと宣伝していたが、いざそのときが来てみると、貧弱な構成で期待はずれだった。

いずれ真相解明

   「8時またぎ」といえば、番組におけるスプロール現象的なコーナーで、だらだらと続く長ったらしいVTRが売り物。ところが、この件ではJNNニュースコーナーと同じような短い映像が流れるのみで、「専門家」は呼ばれず、コメントタイムもなし。司会のみのもんたは「いずれにしても、そのうち真相は解明されるでしょう…」と一言だけで、次のネタへ移る。曰く、「大関魁皇、史上2人目1000勝達成!」。


   「すごいなあ〜」というみのの台詞が、空々しく寒寒しく響く。こちらは、例によってVTRが延々と続いた。叩いてなめして、ウラが透けて見えるまで伸ばしたかのように長い。挙げ句、相撲ジャーナリストの杉山邦博が電話で登場。みのが「いま、いろいろある大相撲のなかで、(魁皇は)太陽ですね!」と満面の笑みで賛辞を送ると、杉山が「おっしゃる通りだ」と力強く応じた。

ボンド柳生

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!