2010年5月20日、米グーグルとソニーが提携を発表し、新しい“テレビ”の開発に乗り出すと発表した(提携には米インテルなども含む)。

「図表入りの記事はこちら」

・これはまた意外な組み合わせ
・ついにGoogleも家電テレビに本格参入か…
・マイクロソフトとかパナソニックとか、同業他社は心中穏やかじゃないだろう

米グーグルが担当するのは、テレビを制御する基本ソフトや操作画面の部分。同社の携帯電話向け基本ソフト「Android」や、Webブラウザの「Chrome」を基盤とし、これをテレビ向けに拡張する。米グーグルでは、テレビ向けのプラットフォームを「Google TV」と呼んでいる。

一方のソニーは、「Google TV」を搭載した実際のテレビ製品「Sony Internet TV」を投入する計画。詳細は明らかになっていないが、テレビ画面からインターネットを自由に利用でき、テレビ番組や録画した番組なども簡単にすばやく検索できるという。また、テレビで「Androidアプリ」をダウンロードして、テレビ自体に機能を追加することも可能なようだ。

「Google TV」や「Sony Internet TV」に関しては、

・購入した後でも機能を追加できるのはいいな
・「家電とネットの融合」は何度も失敗してきた理屈。今度はどうなるやら
・何にしろテレビが進化するネタが見えてきたのはいいこと

といったように、好意的な声が多い。

また、企業間の競争や日本企業の立ち位置など、真摯な意見があったのも印象に残る。

・家電の競争もアップルとGoogleが主役になってしまうのか?
・「ソフト」を握られると厳しいな。WindowsとかiPhoneとかもそうだ
・世界で“家電”と言えば今はもう韓国メーカー。日本企業に頑張ってもらわないと“国”がヤバイぞ

いろいろな見方はあると思うが、世界の市場で日本企業が苦戦している分野が多いのは事実。ソニーの「Sony Internet TV」のように、製品に搭載するソフトウェアに重きを置く方向性は、今後も増えていきそうだ。

話を戻すと、テレビからインターネットにアクセスして、YuouTubeなどの動画を手軽に見られるとすれば、確かに便利かもしれない。ただ、基本的には「テレビ番組」か「インターネット」のどちらかを見るわけで(2画面の同時表示なども可能だが)、テレビの面白さ=番組の面白さ、だと個人的には思うのだが、いかがだろうか。

「Google TV」と「Sony Internet TV」がどのような製品になるのか、今から楽しみだ。

(林利明)

■ネゴトで語ろう!「ネゴトーク」
◎「インターネット」について語ろう!


■関連記事
盗作疑惑に海賊版、中国が抱える根深い問題
グーグル×中国、サイバー戦争の兆し!?
予測不能!?Google日本語入力の実力
世界のソニーのツッコミ喚起戦略 ?
野口さんのつぶやきで、遠くて近い宇宙に
2010年コレが流行る?TwitterのためにiPhone購入?
Twitterユーザーは増え続けるのか?