Image by: NIKE

写真拡大

 ナイキは、革新的なプロダクトやアスリート、デザインを融合させ新たな形でスポーツを提案していく拠点として、2010年5月22日(土)、東京・中目黒に「Nike Stadium Tokyo(ナイキ スタジアム トウキョウ)」をオープンした。期間限定でクリエイティブな作品を展示し、またTシャツのカスタムブースが併設されるなど、見所満載だ。

 「Nike Stadium Tokyo」では、第一弾としてオープンから6月6日(日)までの期間中、フットボールスパイク『Mercurial(マーキュリアル)』をテーマに、様々なクリエイティブインスタレーションを展示。見応えある映像作品の上映や、Tシャツのカラーやプリント柄などをカスタムして販売するブースも併設される。6月18日(金)からは、第二弾として展示テーマが『田中マルクス闘莉王選手』に変わる予定。

 「Nike Stadium」は、ロンドン、 ニューヨーク、パリ、ミラノ、ベルリンでも展開。様々なスポーツのテーマにあわせ、国内外で活躍するアーティストたちが、アスリートやナイキプロダクトをその土地の文化やコミュニティに根ざした最先端の世界観を表現するギャラリーとして活動していく。


■Nike Stadium Tokyo
 所在地:東京都上目黒1-13-14 東京デザインスタジオ
 電話番号:03-6415-5715 ■ 最寄り駅:東急東横線「中目黒駅」徒歩5分
 オープン時間:金曜~日曜 12:00~20:00まで(展示会期中に限る)
 WEB:http://nikestadiums.com/tokyo

 今後の展示予定:
  <フットボール>『Mercurial feat. 李忠成選手』5月22日(土)~ 6月6日(日)まで
          『田中マルクス闘莉王選手』6月18日(金)~ 7月4日(日)まで
 ※6月11日(金)~6月13日(日) 休館日

<参加アーティスト>
 WOW (Digital Interactive Creative)
 Takeshi Hanzawa (Photography)
 Keichiro Shibuya (Music Composition)
 Daisuke Gemma (Exhibition Display Design)
 Santiago Stelley (Documentary Director)
 VBS.tv (Media Partner)
 Virtue (Documentary Production)
 Evala (Music Composition)
 CONCEPT CONCEPTION (Graphic Design)

【記事の写真をもっと見る】