スクウェア・エニックスとヤフーがオンライン戦国SLG「戦国IXA」発表。

写真拡大

スクウェア・エニックスの2010年3月期決算の場で、和田洋一社長が開発中であることを明かしていた新作のブラウザゲーム。先日、Yahoo!ゲーム内にも特設サイトが開設され、「5月21日、日本の歴史を変える!」と大きく煽りながら登場を予告していたが、21日、スクエニとYahoo! JAPANは新しいブラウザゲーム「戦国IXA」を正式発表した。ゲームのプレイ料金は無料で、武将カードの入手などに別途料金が発生する。

「戦国IXA」はプレイヤーが大名家に所属する一員となり、天下統一を目指す戦国時代が舞台のシミュレーションゲーム。内政で国力を蓄え、兵士を雇い、ほかの大名家への合戦を仕掛ける――というのが大まかな流れだ。

オンライン要素としては、ほかの大名家へ宣戦布告をすると同じ大名家所属のプレイヤーによって合戦の賛否投票が行われ、賛成多数の場合に合戦が始まるシステムや、合戦も多数のプレイヤーが参加する形で行われる。また、新しい武将カードや便利機能を追加購入することも可能だ。

なお、正式サービスの開始を前に、現在、公式サイトではクローズドβテスト参加者の募集を行っている。募集期間は5月21日〜25日で、βテストは27日14時から6月17日14時まで。