東京都産業労働局は、若者を職人のもとへ弟子入りさせ、「親方と弟子」という形で職場体験実習を行う職人塾の塾生を募集する。若者が優れた職人技を目にし、職人の指導のもと「ものづくり」を実際に体験することで、ものづくり職種への就業のきっかけをつくるとともに、技能の継承、後継者の育成に結びつけていくことを目的としている。

 2009年は、11職種24事業所で職場体験実習を実施し、38人が参加。実習事業所、関連業界に7人が就職した。

 2010年は、貴金属装身具、日本調理、造園、印章彫刻、家具製作、洋裁、和裁、内装仕上げ、タイル張り、いす張り、本染手拭いなどの職種で体験実習を計画している。

 参加資格は、34歳以下の未就業者、または臨時的な職に就いている人。40人を募集し、6月下旬から随時1カ月(20日程度)間、実施する計画だ。

 詳細問い合せ先は、東京しごとセンター3階ヤングコーナー(東京都千代田区飯田橋3−10−3、?03−5211−2851)。事前に電話予約をする必要がある。

フリーターから正社員、5人に1人はアルバイトから登用
内定取る自信がない学生増加
「現代の名工」を発表 フレンチの坂井宏行氏ら

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。