月刊少年ガンガンでおよそ9年間もの長期連載となっていた「鋼の錬金術師(以下「ハガレン」)」が最終回を迎えることが、2010年5月12日発売の同誌6月号の紙上にて発表されました。

原作者の荒川弘は妊娠・出産中も原稿を一切落とさなかった鋼の漫画家として知られていますが、長年読者を楽しませてきた「ハガレン」のクライマックスはどのような展開を見せるのでしょうか。さっそくガンガン本誌を買ってきました。

詳細は以下から。ガンガンNET -SQUARE ENIX-

月刊少年ガンガンを買ってきました。表紙は「ハガレン」一色です。


「TVアニメCRY-MAX!」と思わせぶりな文字がおどります。


背表紙も「ハガレン」が占拠しています。


相変わらず電話帳級に分厚い。そこにさらに付録を挟み込んでいるため壮絶なことになっています。


付録は「ハガレン」のシャープペンシルとクリアファイル。


連載の最後のページにとても思わせぶりなアオリ文が。アオられるままに2ページ先を開いてみると……


2ページぶち抜きで最終回予告がされていました。これまでの連載の中の印象的なコマがいくつも載っている上に「2010年6月、忘れられない終わりが来る」と印象的なフレーズが。


確かに「最終回」と明記されています。


巻末の次号予告ページにも、堂々と予告が。


なんと時計がついてくるようです。「極上付録ダブルコンボ!」とされていますが、もう片方の付録は「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード?」のものなので、ハガレンコンボというわけではない様子。


ラストのページにもだめ押しでクライマックス予告がされていました。ガンガン7月号は6月11日(金)発売ということなので、原作ファンの人はぜひチェックしてみてください。


・関連記事
映画化もされた人気コミック「デトロイト・メタル・シティ」がついに連載終了 - GIGAZINE

「バガボンドは2010年をラストイヤーにする」と公式サイトで井上雄彦が決意表明 - GIGAZINE

原作者の兄の手でナギ様が復活、月刊コミックREXで「かんなぎ」のスピンオフギャグ漫画「かんぱち」連載開始 - GIGAZINE

週刊少年ジャンプ2009年号総まとめ、ジャンプ1年分の価格や連載終了作品の掲載順位の推移などいろいろ出してみた - GIGAZINE

コロコロで連載されていた「怪奇警察サイポリス」がついに復刊、作者のブログでは描き下ろしのイラストも登場 - GIGAZINE

なんと「マリア様がみてる(マリみて)」が実写映画化決定、2010年秋に公開へ - GIGAZINE

ヤンデレヒロインが大量殺人を繰り広げる「未来日記」がまさかのアニメ化 - GIGAZINE

記事全文へ