二重あごの原因は脂肪じゃなくて…?1日2分のストレッチで小顔になる方法

写真拡大

 体重は昔とほとんど変わっていないのに、最近気になる二重あご。
 関取や某バスケット漫画に出てくる監督のように、太った人が最後に太る場所があご、と思っていたんですけど…。

 意外なことにあごには、脂肪細胞がほとんど存在しないそうです。
 つまり、本来はあまり太らない部分ってこと。

 だから、二重あご=太っている、ではないんですね。

 では、どうして「二重あご」になるのでしょうか。
 実は、原因は水分。加齢によりあごの筋力が低下しリンパの流れが滞り、本来排出されるべき水分があごに溜まりはじめます。水分は緩んだ筋肉の間にどんどん溜まっていき、放っておくと二重あごの原因になるようです。

 この溜まった水分を排出するには、リンパマッサージや、ストレッチが有効です。

 「小顔矯正」を日本で始めて行った山田光敏さんの新刊『10年前の顔に早変わり!2分間!小顔ダイエット』(アスコム/刊)では、山田さんが生み出した「ゆる・軽・クイック」のストレッチ法が紹介しています。
 1日2分を10日間続けるだけで、あごがシャープになる、輪郭がはっきりするなどの小顔効果が期待できるそう。適正な刺激によりお肌の細胞が活性化し、美肌効果もあるとか。

 二重あごにお悩みの方。○西先生になってしまう前に試してみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】
女優・杉田かおるが10キロ痩せたダイエット法を伝授
歪んでしまった身体はまた元に戻るのか? 新刊JP編集部・川口が整体に挑戦!
効果的なダイエットに我慢はいらない!『朝バナナダイエット』著者のはまち。さんにインタビュー(1)

【新刊JP注目コンテンツ】
巻くだけダイエットの効果は!実践中の女性が登場(新刊ラジオ987回)
新刊JP特集「あな吉さんのゆるベジ料理教室