というわけでやってきました! 新橋!

 

 新橋といえば街頭インタビューの名物スポット。新刊JPニュースで時たま行う街頭インタビューもやはり新橋ですることが多い。
 いつもは山田、金井で突撃しているところだが、今回はそこに編集部の新人「吉男」を加え、街頭インタビューを行うことになったのだ。

 今回の質問内容は「あなたは朝何時に起きていますか?」
 『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(池田千恵/著、マガジンハウス/刊)や『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』(遠藤拓郎/著、フォレスト出版/刊)など、早起き本がブームとなっている昨今、実際にビジネスマンたちは一体何時に起きているのか? ということを調査するのだ。

 前回、企画会議で説明力不足を露呈した吉男
 若干緊張の色がうかがえるか…と思いきや。

 
 そのサングラス、ちょっと待て。

 これじゃインタビュー対象者が逃げてしまう。説明以前の段階だ。
 というわけで、サングラスを外して…スタート!

 まず金井と山田が実践し、お手本を見せる。
 そして吉男がいよいよ一人で向かう。

 
 ターゲットを定める吉男。さすがに緊張しているのか、しばらくそのままふらつく。街頭インタビューを始めた頃を思い出す山田と金井。

 そして、ついに行った!

 

 吉男「あのー、すいません」
 男性「なに?」
 吉男「あの、インタビューをやっているんですけど…」
 男性「どんな?」
 吉男「えーっと、新刊JPっていうウェブサイトがありまして、あ、本を紹介するサイトなんですけど、そこに新刊JPニュースっていうコーナーがあるんですね。で、そこでインタビューをしているんですけど…」
 男性「うーん、わからないからいいや」

 行っちゃった。

 この街頭インタビュー、実はいろいろ大変なのである。
 答えてくれそうなインタビュー対象者を見つけ、手短に意図を説明。相手が答えやすいように質問を組み立ててインタビューする。断られることも多く、逆質問されることも。

 先ほどの吉男の場合、何がいけなかったのか?

 
 今回も『言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本』(工藤昌幸、松井寿夫/著、こう書房/刊)
 から改善箇所を見つけてみよう。


◆説明が上手くいくPoint 3:相手の質問内容を理解しよう

 よく新人で多いのが、質問された内容がよく理解できておらず、トンチンカンな答えを返してしまうこと。

 吉男も例に漏れず、「どんなインタビューなの?」と問われ、最初に「新刊JP」の説明をしてしまっている。返答が「インタビューの内容」ではないところで相手は「え?」と思ってしまうだろう。

 たしかに唐突に質問されるとあせってしまう。
 そういうときは、相手は何を説明してほしいのかを明確に意識して、頭の中を整理するということを押さえておこう。


◆説明が上手くいくPoint 4:話を「適正化」しよう

 そして最も問題なのは、「話の適正化」が出来ていない。適正化の要点は2つ。
 1、正しいキーワードを使っているか?
 2、適切な量になっているか?


 話す内容は決まっていても、説明時にどのキーワードを使うかによって、相手にどれくらい理解してもらえるかが決まる。
 Point3でも説明したように、問われているのはこのインタビューはどのようなものなのかだ。であるから、ここでの正しいキーワードは「ウェブサイト」ではなく、「朝何時に起きていますか」だということだ。

 もう1つ重要なのが、「量」の適切さ。
 相手は歩行中であり、その先には目的がある。だから移動している。つまり、基本的には時間がないと考えるべきだ。そのため、ここで伝えることが多すぎると、相手を苛立たせてしまうこともあるのだ。

 相手のTPOに合わせて、「正しいキーワード」と「適切な分量」で説明をする。

 なるほど。
 この反省を元に、再度突撃してみる吉男。

 
 ターゲットに狙いを定めて・・・

 
 行ったー!!

 2分間ほど話して吉男が戻ってくる。

 山田「どうだった?」
 吉男「あ、全然いけました。30代の男性で朝起きる時間は6時30分くらいだそうです。4時起きは無理だけど、5時30分起きは出来そうかなと言ってました」

 この後も新橋駅前でインタビューを敢行。
 雨ということもあり、そこまで多くの人数に取材をできたわけではないが、ちゃんと街頭インタビューはこなせていた。

 少し得意気になる吉男。
 
 だからそのサングラスはやめてくれ。

 吉男がだんだんと成長してきている。これも『言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本』によるやさしい解説のおかげだろう。
ちなみに他にも話の「階層」を使いこなす方法や話の中身を分類する方法など、基礎的だが重要なことが満載となっている。

 さて、吉男・説明上手男への道はいよいよ次回、最終回を迎える。

 
 山田「さて、明後日、電話インタビューをしてみようか」
 吉男「え?マジっすか」
【第3回はこちらから!】
(新刊JP編集部)


【関連記事】
ゆとり世代の「説明力不足」を叩き直す(この連載の第一回)
20代からはじめる「生活防衛」のノウハウを紹介!
コミュニケーションの悩みを解決する“話の聴き方”

【新刊JP注目コンテンツ】
著者インタビューも掲載!『言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本』特集ページ
「で、なにが言いたいの?」なんて言われないために。(新刊ラジオ第1124回)