興味はあるけど…ネット婚活ってアリ?

写真拡大

mixiなどのSNSや婚活&恋活サイト、オンラインゲームのコミュニティなどで友だちや彼氏、結婚相手を探す人が多い今、ネットも立派な出会いの場!サークル感覚で参加する人も多いようで、サイトでの出会いがきっかけで付き合うことに…なんて話も、珍しくはなくなってきました。

では実際に、婚活にネットを活用したことがある人って、どれくらいいるのでしょうか?20〜30代女性を対象にアンケートを実施してみました!

●「ネットで結婚相手を探したことがありますか?」(回答者数:182)

・Yes…19%
・No…81%

と、婚活にネットが活用されていることはわかったものの、割合としてはあまり多くない様子。うーん、やっぱり抵抗があるのでしょうか?ということで、「ネット婚活はアリだと思う?」とも質問。すると…

●「ネットで結婚相手を探すのはアリだと思いますか?」(回答者数:182)

・アリ…76%
・ナシ…24%

なんと、実際にネット婚活をしたことはなくても、興味があるという人はたくさんいることが判明!興味はあるのに、何がブレーキになっているのでしょう?

●「お互いの素性が分からないと、事件に巻き込まれそうで怖い」(28歳)
●「本気で結婚を考えているのか、カラダ目的で調子のいいことを言っているのか判断しづらい」(29歳)

など、顔が見えないことによる不安の声が続出。やっぱり、ネット婚活って危険なの?恋愛カウンセラーのぐっどうぃる博士に聞きました。

「ネット婚活に、危険性がともなっているのは事実です。カラダ目的のために、ネットの匿名性を利用して嘘をつく男性も多いので、女性は特に用心が必要です」

なるほど、女性の不安は的中なのですね。では、具体的にはどんなことに気を付ければいいの?

「まずはサイト選びから。料金が高かったり、登録の際に書類(未婚ということや年収を証明できるものなど)が必要だったりと、登録するのにコストや手間がかかるサイトほど、本気で婚活をしている男性が多いと考えていいでしょう。また、サイト自体も大手が運営しているものや、携帯会社の公式サイトなどの方が信用できます」

サイトを選ぶにもいろいろなポイントがあるんですね。では、対男性で気を付けるポイントは?

「すぐに結婚を考えているなら、プロフィールに『真剣に結婚を考えています』と一言添えるとマル。遊ばれるのを避けたいなら、『既婚者や恋人のいる方、遊び目的の方はお断りします』と具体的なひと言を添えましょう。自分の真剣さをアピールすることで、遊び目的の男性に『軽い気持ちで手を出すと、面倒なことになるかも…』という危機感を抱かせ、防御線をはることができます。興味のある男性には、最初から、プロフィール、スケジュール、メールのやり取り、実際の言動などをメモしておくといいでしょう。嘘をついていると、スケジュールが不安定だったり、言動が二転三転したりするもの。例えば『出張で最近静岡に行っていたはずの彼が、別の時に静岡に行ったことがないと言う』など、自然とボロが出ます。挙動が怪しいな…と感じた男性には、いくら魅力的でも見切りを付けることが大切です」

ふぅ。安全にネット婚活するには、かなり慎重にならないといけないようです…。そもそも、そこまでしてネットを活用するメリットはあるの?

「ネットでなら、普段会えないような業界や地域の人と会うことができるし、なんといっても出会いの数が圧倒的に増えるため、理想的なパートナーに出会える確率が高まります。『危険性があるからネット婚活はしない』という考え方もありますが、便利なツールには危険がつきもの。僕は、使い方さえ正しく理解すれば、ネットは婚活に大きく役立つと思いますね」

たしかに、職場や友だちの紹介など、限られた環境で婚活をするより、世界中の人とつながることができるネットの方が、出会いのチャンスは確実に増えますよね!自己管理と安全対策さえしっかりしていれば、ネット婚活もアリかも!?皆さんはどう思いますか?

【取材協力】
ぐっどうぃる博士
理学博士、恋愛カウンセラー。自身の体験や生命科学的視点から考えだした独自の恋愛メソッドを展開。現在、セミナー、講演会など多方面で活躍中。著書に『「出会いがない」が口ぐせのあなたへ』などがある。
ぐっどうぃる博士主催、恋愛専門ドットコムhttp://www.rennai-senmon02.com/

■関連記事
要チェック!結婚できない10の習慣とは?
二股もOKってホント!?イマドキお見合い事情