Image by: NIKE

写真拡大

 「NIKE(ナイキ)」は、南アフリカで世界最高レベルのプレイヤーが着用するサッカースパイク「ナイキ エリートシリーズ」を発表した。プレイヤーの動きの切れを高める軽量性と、ピッチ上での足元の視認性を高めるデザインが特徴だ。

 4年に1度のサッカーの祭典が開催される2010年。6月の開幕に向け、対戦カードや各国の代表メンバーが続々と発表され、サッカーファンの期待が高まってきていることだろう。そんな中、世界屈指の選手たちが今夏最大の舞台で力を発揮するために開発された、軽量かつ高機能なサッカースパイクが「ナイキ エリートシリーズ」である。

 「NIKE」がプレイスタイル別に展開する「ナイキ エリートシリーズ」は、スピードにフォーカスした「ナイキ マーキュリアルヴェイパー スーパーフライ II」、360度あらゆる方向へボールコントロールを可能にした「ナイキ CTR360 マエストリ」、シュートの精度にこだわった「ナイキ トータル90 レーザー III」、そして正確な"ボールタッチ"を求める「ナイキ ティエンポ レジェンド III」の4つのスパイクがラインナップ。それぞれのアウトソールの軽量性と、ピッチ上での視認性を向上させた新たなアッパーを特徴としたスパイクシリーズだ。プレイヤーの動きの切れを高めるため、片足250g前後という軽量化を実現。また、ピッチ上での足元の視認性を高めるため、メタリックマッハパープルとトータルオレンジという対照色を使った斬新なカラーデザインが施された。

 「ナイキ エリートシリーズ」は、2010年5月22日(土)より、「NIKE原宿」などで発売が予定されている。