短かった春も終わり、もう5月。
 新入社員の皆さんもそろそろ仕事に慣れ始める頃だが、今年の新卒は世にいう「ゆとり」だ。彼らの奇行の数々は既にあちらこちらで紹介されているとおり。そして新刊JP編集部にもこの春、1人の「ゆとり」新人が配属された。

 あだ名は「吉男」(よしお)。

 この吉男、執筆は早いし目の付けどころもいいのだが、一つ難点がある。
 他人に何かを説明することが極度に苦手なのだ。

 例えば先日の企画会議の日…。

 前日までに準備が終わらず、朝早くから編集部員は大忙し。

 
 「ネタ切れだー!もうダメだー!アイデアがなさすぎてぐうの音も出ないよー」

 と、そこへ。
 「おはようございまーす」

 
 その道の人かと思った。
 どうした。何があった。

 吉男「いやー、今日企画会議っていうもんで気合い入れてきたんですよ」
 金井「気合い入れるところ違うだろ…」
 吉男「そういえば、企画書なんですけど」
 金井「昨日山田に直してもらっていたやつ?」
 吉男「金井さん、見てもらっていいですか?」


------------------------------------
【企画タイトル】小説の出生地を行く
【企画の概要】
 文壇バー、文学賞選考を使う料亭、作家をカンヅメにするホテルなど、あまり知られていない「文学ゆかりの場所」をレポートし、紹介する。だから、その様子は2回でまとめる。
------------------------------------


 金井「・・・・??????」

 「企画の趣旨」の文章そのままだと、残念ながら間違いなく企画会議は通らないだろう。
 なぜなら、「面白い!」と思う前に文章の意味がわからない。

 ビジネス文書は、読み手の理解力を期待してはいけない。最初から内容が一目瞭然にわかるものでなくてはならないのだ。

 吉男「うーん、どうすればいいですかね…」

 まだ最初だし、緊張していたりはするのだろうが、人に上手く説明が出来ないというのはかなり損。説明には意外と時間がかかるし、仕事に慣れていけばいくほど、誰かに何かを説明する機会は増えていく。

 これは、早いうちに手を打たなければ…と危機感を持った編集部一同は、
 『言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本』(工藤昌幸、松井寿夫/著、こう書房/刊)
 

 を使って吉男の説明力不足を解消するために動き出した。


◆説明が上手くいくPoint 1:「主語と述語をはっきりさせる」

 まず、説明ベタな人の典型的な特徴のひとつとしてあげられるのが「主語と述語がしっかりと使えていない」ということ。今回の企画概要でも…。

 文壇バー、文学賞選考を使う料亭、作家をカンヅメにするホテルなど、あまり知られていない「文学ゆかりの場所」をレポートし、紹介する。 

 金井「レポートし、紹介するって誰が?」
 吉男「え?」
 

 この概要には「紹介する」という述語だけがあり、主語がない。それをするのは編集部なのか、それとも誰かその道に詳しい人をセッティングするつもりなのだろうか。

 この企画書の場合、「誰に紹介してもらうのか」によって記事のテイストも大きく変わるし、伝えたいことも変わる。そういった点で認識の齟齬が生まれる。
 正確に伝わるようにするには、主語をはっきりさせること。それがポイントである。

◆説明が上手くいくPoint 2:「助詞と接続詞を正しく使う」

 続いて、出来ていないことが多いのが「助詞」「接続詞」だ。
 助詞とは単語に付いて関係を表わしたり、対象を表わしたりする言葉の総称、接続詞は前後の文脈の関係を表わす言葉だ。
 吉男の企画書でも「?」が浮かぶところがいくつか見受けられる。

 文壇バー、文学賞選考を使う料亭、作家をカンヅメにするホテルなど、あまり知られていない「文学ゆかりの場所」をレポートし、紹介する。だから、その様子は2回でまとめる。

 金井「助詞を間違えているとやっぱり読みにくくなるけど、何処かわかる?」
 吉男「うーん、何処でしょう」
 

 では、まずは助詞から。
 「文学賞選考を使う料亭」、これだと文学賞選考が「モノ」扱いされてしまっている。この場合、場所を使う目的を示す助詞が入らなければいけないため、「を」ではなく「で」が妥当だろう。

 続いて接続詞。
 「紹介する。だから、その様子は」の部分は、ちょっとオイオイ(汗)と思ってしまうようなミスになっている。「だから」の前後は理由と結論であるべきだが、ここではそうなっていない。この場合は、さらに付け加えることを示す「そして」あたりが妥当となる。

 まずはこの2つのポイントさえ押さえることができれば、日本語として意味の通ったものになるし、格段にわかりやすくなるだろう。


------------------------------------
【企画タイトル】小説の出生地を行く
【企画の概要】
 文芸を担当している編集者が文壇バー、文学賞選考で使う料亭、作家をカンヅメにするホテルなど、あまり知られていない「文学ゆかりの場所」をレポート、紹介する。そして、その様子を2回でまとめる。
------------------------------------


 少し変えるだけでこんなに変わった。

 吉男「これで企画会議いけますかね」
 金井「まあ、わからないけど、なんとかなるでしょ」


 
 この回の企画会議の結果、さらに詰めが必要ということになったが企画自体は好評だった。
 『言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本』第1章には、主語・述語や助詞・接続詞のトレーニングのほかに、ボキャブラリーを増やすためのトレーニングも載っているので、それでトレーニングしながら企画書を練りこんでいけばよい。

 企画を褒められてやる気がみなぎっている吉男に山田が一言。

 
 山田「ところで明後日、街頭インタビューに行ってもらうから」
 吉男「え?マジっすか」

 さて、次回は超実践編!
 街頭インタビューに向かった吉男を待ち受けていた現実は過酷なものだった!
 インタビューの趣旨を何も知らない通行人にどう説明するのか!?→【第2回はこちらから!】
(新刊JP編集部)


【関連記事】
20代からはじめる「生活防衛」のノウハウを紹介!
コミュニケーションの悩みを解決する“話の聴き方”
簡単に理解できる“ラテラル・シンキング”の基本―【書評】『3分でわかるラテラル・シンキングの基本』

【新刊JP注目コンテンツ】
著者インタビューも掲載!『言いたいことがキチンと伝わる説明力の基本』特集ページ
出版業界のコネタやラジオの話は新刊JP公式twitterで! 新刊JPの更新情報もつぶやき中